麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第7回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第7回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節三回戦A卓

▼対局者
就活生@川村軍団
Ⓟ木原浩一
おじさん
Ⓟ川崎たかし

牌譜はこちら

 カンチャンよりはポンできるシャンポンが残った方がよいのでの三択。カンよりはカンが残る方がアガリやすく、鳴いて3翻のカンテンパイよりは高め満貫のシャンポンテンパイの方が優れているとみて打。これが満貫ツモでトップ終了であれば満貫に届く受け入れの多さで打、3翻でもトップ終了ならアガリやすい受け入れが残りやすい打でしょうか。「局面に応じた、よりよい受け入れが多くなる牌を選ぶ」ことこそ手作りの根本です。

 早々にがアンコになって満貫テンパイ。他家からみてテンパイ濃厚で、最後の手出し牌の筋のも警戒されそうならツモのリャンメン変化をみて打とする場合もありますが、1フーロかつこの河ならもうテンパイしているとは思われないでしょうから目先のアガリやすさを優先します。

 ツモで待ちが残る方がアガリやすいのでよりは切り。手出しを入れることでカン待ちが読まれにくくなるので空切り。細かい差ですが、メンツのスライドは実戦中に何度も出てくるので押さえておきたい技術です。

 役牌を重ねてポンしても3着目を逆転できる手になりづらく、リーチすればがアンコにならなくてもほぼ逆転できる手。他家に役牌を重ねられる前に先切りした方がアガリやすいので、この場合は客風より役牌を先に切った方がよさそうです。

 リーチすれば東家以外から安めが出ても裏が乗れば逆転できますが裏が乗る確率は約3割。ダマでを出アガリできる確率は確実に3割より上なので、東家以外からが出るようなら見逃せるようにダマにしていた方が有利。ダマだと自分でをツモった時に逆転できませんが、リーチして北家南家からが出る可能性よりは低く、ダマにした方がでアガれる可能性は高い。リーチしても2着以上になれる目はほぼ無いのでここはダマの方がよさそうです。逆転不確定なら逆転出来るパターンが多くなるようにリーチと考えがちですが、パターン数ではなく、あくまでパターン毎の確率を考慮して判断するようにしたいものです。

 安めのツモ…でしたが赤だったので無事逆転することができました。

この記事のライター

ネマタ
現役の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top