麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第6回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第6回

CABO求人MEWS
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節二回戦C卓

▼対局者
Ⓢ福地誠
Ⓟ木原浩一
就活生@川村軍団
独歩

牌譜はこちら

 オーラス独歩氏と福地氏のトップ争い。3着目のしゅかつ氏は自分がアガってもラス目以外がアガっても3着終了。配牌は1メンツのみで先手を取るのが難しいとなれば、下家が鳴き手かどうかわからなくてもアシストに回る一手です。

 アンコで持っているので下家に鳴かれやすく、鳴かれなかった場合も下家が手変わりしてから再度アシストする選択が残せるように打。前巡も先にを切った方がよかったかもしれません。大抵は鳴かれなかったら別の鳴かれそうな牌を切るようにしていけば事足りますが、アシストの手順も突き詰めれば考慮の余地が多く難しそうです。

 マンズピンズソーズとピンポイントに3連続で鳴かせることに成功。自分でアガリを目指すのはかなり厳しい手であっただけにアシストの効果は絶大です。ゲーム展開を狙って作るのは難しいですが、将来下家にアシストしやすく、また上家からアシストが期待しやすい点数状況になるように、どちらかと言えば上家より下家がリードする展開になった方が自分の勝率も上がります。

 これで勝負が決まったかと思いきや先にテンパイが入ったのは福地氏。独歩氏は3フーロしてまだ1シャンテン。はまだ2枚山に残っています。

 しかし結果は独歩氏が追いついて先にツモアガリ。二連覇に向けて幸先のよいスタートになりました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top