麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第9回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第9回

CABO求人MEWS
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節三回戦C卓

▼対局者
独歩
Ⓟ谷口浩平
多井隆晴
タケオしゃん

牌譜はこちら

 のシュンツを抜くとのリャンカンが残ります。先にをツモるようならどちらでもタンピンイーペーコードラ3。ダマでも跳満に届く大チャンス手です。

 をポンして打ならよりアガリやすい形が残り、赤でない以外は満貫手になりますが、ここまでメンゼンで跳満以上が狙える手ならシャンテン変わらずの仕掛けをするほどではないとみてスルーでしょうか。

 打でもツモは打でダマ跳満になり、を先にツモるようなら待ちに受けられます。跳満になる可能性が下がるとはいえこれなら打としそうです。結果的には西家からすぐが切られたので打ならテンパイに取れていました。

 北家からリーチが入りますが、こちらは親でドラ3のリャンカン+リャンメン1シャンテン。一発目に両無スジを切るとはいえここは押すところでしょう。

 平和ドラ3テンパイ。はリーチの現物ですが、リーチに2連続手出しで無筋を押したとなれば、ダマにしていてもテンパイを警戒されてしかるべきところ。天鳳名人戦というフィールドであればなおさらでしょう。それなら跳満の可能性をみてリーチでしょうか。

 が4枚見えたので、が当たるとすればほぼ東家の待ちだけですが、一発目にを押してきた東家が次巡手出しでリーチとなると、マンズメンツが完成して他色のリャンメンリーチが本線(悪形ばかりの1シャンテンなら親とはいえ一発目に勝負されることが考えにくい)。待ち候補もくらいなので、高め満貫とはいえ終盤ならを止めるところでしょうか。仮に東家がダマにしていたとしても、先述の理由でダマテンを警戒されてしかるべきで、リーチしてこないとなると現物にかかる待ちが本線と読んで止めた方がよさそうです。

 結果は東家がをつかんで北家がメンピン和了。ダマならと振り替えできたとはいえ、をツモるよりはをツモるか出る可能性の方が明確に高いので、元々追いかけリーチがはっきり有利なら考慮するほどのものでもないですが、今回は現物待ち平和ドラ3なので、警戒されるとはいえ出アガリ期待のダマもあったところ。諸々の要素をふまえたうえで本当にリーチが正着だったのかは個人的に気になったところでした。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top