麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第10回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第10回

CABO求人MEWS
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節四回戦A卓

▼対局者
就活生@川村軍団
Ⓟ川崎たかし
Ⓟ木原浩一
おじさん

牌譜はこちら

 チートイツ1シャンテン、メンツ手3シャンテンなのでほぼチートイツに決め打ち。赤5受けがあるのでから切ります。

 赤5受けがあると言っても赤は1枚ずつしかなく、テンパイした時は無スジ5単騎より出アガリしやすい単騎を選んだ方がよいので字牌残し。ただし1シャンテンの段階で待ち頃の牌が2種あればテンパイ時にどちらかの単騎に受けられるので、3種のうち1種は赤重なりを期待してもよいのかもしれません。その方が他家からみて待ちを絞りづらく、チートイツと読まれにくくするメリットもあります。

 をポンされた直後に発が重なってリーチ。と切ってメンツ手としてはかなり当たりにくいなので、が生牌の場合も単騎リーチが有力かもしれません。

 東家がと押して待ちで追いかけリーチ。十分押すに見合う手ではありますが、西家がチートイツだとすれば結構危険牌でもあります。

 北家も待ちでテンパイしていましたが、2件リーチに両方無スジのを引いたので現物のを抜いてベタオリ。
 確かに西家がメンツ手で、完全1シャンテンに受けられるならは抱えないものとすれば、待ちがかなり絞れるのでは相当な危険牌です。
 しかし、そうすると西家の待ち候補は、ですが、リャンメン×2の1シャンテンとするとのリャンメンのどれかとのリャンメンのパターンのみに限られます。(ソーズリャンメン2つの1シャンテンなら、の片割れはより上、の片割れはより上…というように、必ず3つより上のリャンメンになる。)
 もちろんその可能性もありますが、ここまで組み合わせが限定されるとなると、そもそも最初の仮定、「メンツ手である」「完全1シャンテンに受けられるなら受ける」が正しくない可能性も高いと言えます。一般論として、「中張牌が数多く切られて、リーチ宣言牌が字牌」のケースは先切りされた数牌のまたぎが待ちになっているケースや、チートイツであるケースが増えます。どの程度増えるのかは何とも言えないですが、そのことを踏まえたうえで、の放銃率は見た目ほど高くないとみてリャンメンテンパイなら押す手もあったように思います。

 結果的には次巡ノーチャンスので西家に降り打ち。を抜いた以上この放銃はやむを得ませんが、降りるという判断自体が本当に正しかったかと言われると難しいものがあります。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top