麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第24回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第24回

CABO求人MEWS
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第二節四回戦A卓

▼対局者
就活生@川村軍団
ASAPIN
Ⓟ谷口浩平
石橋伸洋

牌譜はこちら

 5ブロック打法に慣れている方なら打という手を思いつかれたかもしれません。ツモでも1シャンテンになり、ツモなら678三色を狙うことができます。
 しかし打としていれば、ツモでマンズリャンメンを落とす手もあります。リャンメンを残した場合はテンパイしてもリーチのみなので、が残り1枚とはいえリーチツモダブの満貫になる受けが残る方がよいとみます。

 しかもを残せば一通を狙うこともできます。完成まで3枚必要なのは三色と同じですが、ツモなら1シャンテンになったうえで一通変化を残せるので、必要枚数は同じでも若干一通の方が狙いやすいです。
 実戦ではツモでもリャンメン落とし。ツモと異なり悪形残りなので選びづらいですが、リーチのみリャンメンよりリーチ一通カンチャンの方が局収支で勝るのでここでもリャンメン落としに分がありそうです。

 西家から先制リーチが入りますが、選択にツモが応えるかのごとく一通が完成して追いかけリーチ。

 

 そして何とを一発でツモって6000オール。強烈なアガリになりました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top