麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第28回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第28回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第1節1回戦A卓

▼対局者
おじさん
Ⓟ谷口浩平
Ⓟ川崎たかし
タケオしゃん

 次節(11月30日)まで期間が空くので、これまでの対局の中で気になった局面を取り上げていくことにします。

牌譜はこちら

としてもピンズをもう1枚引くようなら、を切るよりはホンイツをみてマンズを外していくところ。それならこの段階で字牌も残してホンイツ本線で進めるのが得策です。ホンイツはメンゼンで3翻、鳴いても2翻とアガリ率低下の割に高打点になるため、一歩手前の段階から狙うのがコツです。
 ホンイツ本線で進めるなら他色のブロックを残すことにさほどこだわる必要がありません。赤5を引いてホンイツにならなくても高打点のアガリになるケースがあることから、ペンチャンと3〜7の浮き牌ならペンチャンから外すことが多いです。

 鳴くとホンイツ3シャンテンですが、鳴かなくても実はメンホンチートイツの3シャンテン。鳴くと3900止まりになる場合もあり、スルーした場合は跳満以上になる受けが残ると考えるとこの段階ではまだスルーでしょうか。

 今度は鳴くと2シャンテンで打点も4翻。今度はでチーが有力とみます。
1巡進んだだけで先程スルーした牌となると反応しづらいですが、手牌が変われば判断も変わり得ます。

 ツモならタンヤオがつくこともあり、完成に2枚必要な678三色よりはリャンメンを残します。
 しかし以外で頭ができればタンヤオがつき、を残していれば678三色が狙えるとなると、雀頭を崩す打も考慮に上がります。この巡目と点数状況ならツモのテンパイ逃しも悪くないとみて打を選びそうです。リャンメンと三色含みカンチャンとの比較と考えていると気付きにくいですね。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top