麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第27回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第27回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第1節1回戦A卓

▼対局者
おじさん
Ⓟ谷口浩平
Ⓟ川崎たかし
タケオしゃん

 次節(11月30日)まで期間が空くので、これまでの対局の中で気になった局面を取り上げていくことにします。

牌譜はこちら

 一見3メンチャンを固定する打が有力そうですが、ツモはタンヤオがつかないうえに、先にをツモるようなら結局悪形テンパイ。ツモだけでなくチートイツ1シャンテンになる受け入れも残る打の方がよさそうです。

 即をツモったので、受けが読まれにくいように空切り。仮にをツモったのが何巡か後であれば、4sを切っているのにを引っ張ったことから受けがかえって読まれやすくなるのでツモ切り。ツモ切りすることの方が多いので、意識していないとなかなか選べない空切りです。

 打と打はほぼ互角ですが、強いて言えばツモ受けは再度フォローすることが出来るため打でしょうか。

 雀頭無しの1シャンテン。両方受けがかぶっているので、リャンメンターツよりの3メン受けを残します。なら符ハネする受けが多いこともあり打とすることが多そうです。

 は4枚見え。共通安牌を残す手もありますが、もトイメンには安牌、も比較的他家に使われにくい牌なので受けを残しそうでした。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top