麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第35回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第35回

CABO求人MEWS
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第1節1回戦B卓

▼対局者
多井隆晴
石橋伸洋
ASAPIN
小林剛

 次節(11月30日)まで期間が空くので、これまでの対局の中で気になった局面を取り上げていくことにします。

牌譜はこちら

 アンコでを切っているたドラをシュンツとして使いにくいこともあってかトイトイを狙いやすいように字牌残し。しかし2メンツ1雀頭あるならメンゼンでテンパイしやすく、雀頭以外にトイツがないので仕掛けがきく恩恵を受けにくいので打としそうです。

 が先に出てポンした場合は字牌残しが活きますが、浮き牌にくっつけば1シャンテン。トイトイにならなくてもリーチツモドラ2で満貫に届くので打でしょうか。

 西家がマンズのリャンメンを手出しで落として字牌2つポン。ソーズ染め手濃厚ですが、染め手に必要な牌が切られていない段階ではテンパイ率が低く、こちらも123三色になれば高打点が見込めるので先切り。

 字牌が切られたのでテンパイの可能性が高まりました。まだ1シャンテンであることも多そうですが、まだ2シャンテンならを先に切るほどではないです。
 この巡目で東家がダマで平和ドラ4テンパイ。流石にこの時点でダマは見抜けませんが、西家の仕掛けに押しづらく自分のアガリがかなり厳しくなったので、別の他家への守備意識も強めるようにしたいです。

 前局東家が6000オールをアガって連荘。トップとも下位ともここまで大差となれば加点のメリットは薄い。リーチによる加点が大きい平和ドラ1やドラ2ならともかく、平和のみならダマにするところでしょう。多少失点しても余裕があるトップ目以上に失点回避重視で打つ局面です。

 東家からが出てロン。結果的に西家の跳満を阻止するアガリになりました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top