麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第88回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第88回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第二節一回戦B卓

▼対局者
Ⓟ川崎たかし
Ⓟ木原浩一
Ⓟ谷口浩平
就活生@川村軍団

牌譜はこちら

 ドラ4のチャンス手ですが、中盤まだ2シャンテンのところでポン打。役有りテンパイとしては2シャンテンのままですが、にくっつけばタンヤオ1シャンテン。アガれば高打点だけどメンゼンテンパイが厳しい場合は、鳴くことで役有りテンパイが組みやすくなるような牌が無いかを特に意識しておくようにします。が枯れているのでトイトイにはしない形ですが、東家がピンズ染め手傾向なのもありトイツは安牌要員で残します。

 を残してをツモるとドラが浮きますが、浮いたドラにくっつく場合もあるので必ずしもドラが出ていくとは限りません。ドにくっついたうえでホンイツになれば跳満になる場合もあるため打点でも損とは言えません。役役ドラ2の満貫になる受け入れ優先としても打がよかったように思います。「安め拒否」と考えると、安めを受け入れた先の高めへの変化を見落としがちになります。

 アガればオーラス開始時の着順が上がるのでアガリの価値が特に高い局面ですが、1メンツもなく悪形が多いのでメンゼンのアガリは厳しいところ。ここでも鳴くことで役有りテンパイが組みやすくなるような牌が無いかを考えます。をチーするなら一通が残るでチーもありますが、チンイツやダブ南ホンイツなら一通がつかなくても満貫でトップ。染め手にならない場合は一通よりタンヤオの方が動きやすいというのもあってかでチー。

 結果的にアガリには結びつきませんでしたが、アガリ自体がかなり厳しそうだった配牌が早くも満貫2シャンテン。アガれた時の打点が高い、あるいはアガリ自体の価値が特に高い局面の場合は、残る形の悪さにとらわれず遠いところから仕掛けてみるのも一考です。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top