麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第91回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第91回

CABO求人ニルウッドカバー
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第三節一回戦A卓

▼対局者
独歩
Ⓢ福地誠
ASAPIN
Ⓟ川崎たかし

牌譜はこちら

 何と配牌で字牌トイツ4組。あわよくば役満までありますがホンイツのメンツ候補は足りているので、マンズホンイツでテンパイした時の読まれにくさでから切ります。

 東家は北家に放銃しなくても満貫をツモられるとオーラスラス目。北家のアガリを最大限阻止するためにもここは即リーチの一手。

 北家にも跳満のテンパイが入りましたが先にツモ。ここで何と裏が3枚乗り跳満。こういうケースもあるからこそ、何となく放銃は回避したいという理由でダマにするくらいならリーチ有利であることが多いものです。

 このまま勝負が決まるかと思いきや2着目が一発ツモ裏裏の跳満で再逆転。裏モロ乗り(2枚以上)が連続で続く熱い展開になりましたが、どちらの手牌も裏2以上になる牌が3種(1割弱)あるので一つ一つは案外珍しくないもの。改めてリーチの底力を知らされます。

 オーラスほぼ2着以上確定。トップには満貫直撃か跳満ツモが必要。逆転されるリスクがかなり低い以上最大限にトップを狙います。メンタンピンドラ1ならツモ裏で跳満に届くのでこの時点で役牌をトイツ落とし。オーラス開始時点で点数状況を確認済みであるからこその一打です。

 オーラストップ目で受けが狭いうえにメンゼン限定のチートイツはやりづらいですが、1メンツもないメンツ手3シャンテン。チートイツ1シャンテンならそれでもチートイツ本線。少なくともタンピン狙い傾向の北家は使っていないを待ち候補として残します。ただしツモならクイタンに移行する選択を残すに越したことはないので一応切りからでしょうか。

 次巡がかぶりましたがすぐに単騎でテンパイ。鳴き一通1シャンテンになった南家から出てトップを守り切りました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top