麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第94回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第94回

CABO求人ニルウッドカバー
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第三節二回戦A卓

▼対局者
Ⓢ福地誠
ASAPIN
Ⓟ川崎たかし
独歩

牌譜はこちら

 マンズと字牌で11枚ありますが、ドラがトイツ以上や一通になるケースは染めなくても高打点。次巡マンズをツモっても中張牌へのくっつきを残す打が有力なので字牌から切ります。

 先程と同様に考えるなら発が生きていても打発ですが、をツモったことで2メンツ出来たので、メンツ部分のマンズをチーして浮き牌を作る仕掛けが有力になりました(残る浮き牌のくっつきが弱い以外は鳴き有利とみる)。マンズを鳴いた場合は安牌が残っている方が有利。が受けかぶりなので、を残しつつ染め手以外のアガリを最大限にみるなら打ですが、それよりは東家からリーチがかかった場合に最も危険になりやすいから切るようです。

 染め手狙いの手順は明確な正解を出すことが難しい問題ですが、一つの手筋として押さえておきたいと思いました。

 ツモならダマでもツモ三倍満。九蓮宝燈への手変わりもありましたが東家からリーチ。残り1枚になりましたが、ツモと上家から出る牌次第で粘ることも多そう。一発を消しつつ受け入れが増えるようにはチーした方がよさそうです。

 ツモで回りましたが、をチーしてくっつき1シャンテンにして粘る方針。の切り順でが当たる可能性がやや低いので、現物が1枚とはいえ手詰まりのリスクにリターンが辛うじて見合うという判断でしょうか。個人的にはスルーしてそうです。

 より後に切られたからのリャンメン固定が想定されやすく、仮にそのケースだった場合は南家視点から5枚見えなので待ちが残っている可能性が高いと言えます。個人的には鳴いて3900リャンメン現物待ちテンパイなら何も考えずに押してそうですが、の危険度が見た目以上に高いということは意識しておく必要があると感じさせられました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top