麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第113回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第113回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第四節三回戦C卓

▼対局者
Ⓟ川崎たかし
就活生@川村軍団
ASAPIN
Ⓟ多井隆晴

牌譜はこちら

 と受けかぶり、1面子もないので役牌を重ねるに越したことはないとみて打としそうですが、平和がつきやすく、役牌を重ねても安くて遠い手で仕掛けるのは微妙とみてか切り。

 逆に東家の1巡目は、かなりタンピンになりやすい手なので、他家に重ねられる前にを切るのが有力とみましたが、こちらは重なるに越したことはないとみてか打。役牌を切るタイミングは打ち手の個性が表れて面白いところです。

 メンツ手としてはメンツ候補不足ですがチートイツ2シャンテン。トイツが重なった時の鳴きやすさや、単騎待ちになった時の出アガリやすさ重視の打。個人的にはドラアンコならトイツ手を狙う打点的メリットが薄いので、くっつきからのメンツ手、クイタンもみる打としそうです。

 はくっつきでメンタンピンイーペーコーまで伸びる強浮き牌。最大限に変化を追うなら打ですが、打としてもツモなら打で同じ形になるので、1シャンテンに取る打ち手が多数派と思われます。
 しかし今回はまだ5巡目。ツモについてはのリーチのみテンパイを逃しても、雀頭が出来た時にタンヤオがつく1シャンテンになるなら悪くないとみて、ツモの変化まで残す打としそうです。

 南家のリーチに現物はありますが、1シャンテンならトイツ程度は押せるので打北と思いきや無スジのを勝負。が通っているのでが通ればは両スジ。ツモならメンピン高めチャンタのテンパイ。通ってない牌自体も多いので有力そうです。

 安めツモでテンパイ。これなら切りでカンに受ける選択も考えられます。

 しかしメンピンの待ちとリーチドラ2のカン待ちなら、先制テンパイだったとしても、が1枚切れかつドラそばでアガリにくいことを踏まえると後者の方が有利といえるかどうかは微妙。後手ならなおのことアガリ率を優先したいところ。しかも南家はと手出しで切っているので、良形ターツが揃っている可能性が高いと言えます。

 ただし、手役やドラ絡みなら、悪形ターツでもより残すところ。そして今回はまさにドラ絡みでカンチャンが残されたケースだったためにこので満貫の放銃。通っている牌が少ないので、個人的には今回の押し引きはむしろ正しいと判断しますが、上手く打ったからこそ最悪の結果になることもあるのが麻雀。これもまた麻雀の面白さであり、恐ろしさでもあります。

この記事のライター

ネマタ
現役の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top