麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第116回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第116回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第四節四回戦C卓

▼対局者
ASAPIN
多井隆晴
就活生@川村軍団
Ⓟ川崎たかし

牌譜はこちら

 アガリトップなので打点は不要、むしろ満貫手になると上家が差し込めなくなるので不要どころか安い方がいいです。

 下家にアシストしたいところですが、役牌をポンしてすぐの段階はメンツ候補が足りていない可能性もあります。そのこともあってか中張牌はまだ切らずに打。自分のアガリもみるなら打ですが、ポンされる可能性がある牌から切ったというところでしょうか。

 2フーロ目が入ったところで積極的にアシストに移行します。

 リーチツモ平和裏1でトイメンを逆転。リーチツモではツモ裏でも逆転できず、がアンコになってもツモ裏条件。1枚切れの受けよりはへのくっつきをみてシャンテン戻し。

 ドラの重なりを期待するに越したことはなさそうですがここでドラをツモ切り。西家はポンするとテンパイする受け入れが増えますが、南家のアシストが期待できなくなります。にラグが入るだけでも、南家の立場からすると西家がアンコや赤ドラを持っているケースがあるので差し込みづらくなります。よって、西家は南家のツモ番が来るまでは鳴き無しにしておいた方がよいことになります。

 もしを鳴かせることができれば、次にツモ番が回ってくればを差し込んで終わらせることができる(が見えているので東が雀頭でも3900以下確定)ところでしたが、も鳴かれる可能性があり、自分もツモでテンパイに取れるならそれに越したことはないのでやむなしでしょうか。

 アシストがうまく決まらなかったので、一転して北家にチャンスが回ってきました。ツモか直撃なら一発、裏、のいずれかで逆転。

 ツモりましたが裏ドラは…乗らず。最後に裏ドラが表示される天鳳の演出が憎らしいと思う瞬間です。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top