麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第115回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第115回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第四節四回戦B卓

▼対局者
Ⓢ福地誠
タケオしゃん
石橋伸洋
Ⓟ木原浩一

牌譜はこちら

 ツモの一通変化もありますが、待ちが残ってテンパイした時、先にを切った方が切りに比べて出アガリしやすくなるのが打のメリットです。

 しかしをツモった場合は打有利。そうなるとソーズくっつきの変化を見切る打も候補に入ります。そもそもテンパイする受け入れではツモでもテンパイするので打が最も多く、比較的マンズが安い場であることを踏まえるとむしろ打に分がありそうです。何となく3色をバランスよく持ちたくなるので選びにくい打牌です。

 ソーズの中ぶくれ形にくっついた時の受け入れを優先するなら、2シャンテンに戻してを浮かせる打ですが、2枚見え、西家にはソーズを持たれてそうとなると中ぶくれを残す変化がさほど強くありません。ツモ8pなら比較的アガリやすそうなシャンポンでリーチが打てることもあってか打を選択。

 これもソーズの変化があまり強くないとみるなら、そもそも打としてツモでもテンパイするように受ける手が有力かもしれませんが、悪形残りの1シャンテンで4連形や中ぶくれ形に手をつけるのも選びにくい打牌。難しいところです。

 が1枚切れたとなると、シャンポンテンパイよりはくっつき1シャンテンがよいとみて打のシャンテン戻し。

 は残り4枚、シャンポンは残り3枚。がスジ、が端牌であることを踏まえると、アガリ率ではシャンポンに分がありそうです。平和がつかなくなりますが、ツモ裏1なら平和がなくても3900オール。カン裏もあるので打点差も小さいとなるとシャンポンリーチが有力でしょうか。ただしをツモ切りしてテンパイ打牌が一度切っているとなるとシャンポンが読まれやすくなるので、一応打リーチでしょうか。

 出アガリ3900、ツモなら1200−2300の珍しいテンパイでしたが、最終盤に無スジドラをツモったのでやむなくテンパイ外し。東家の一人テンパイとなりました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top