麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第139回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第139回

CABO求人MEWS
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第六節四回戦A卓

▼対局者
独歩
Ⓟ川崎たかし
多井隆晴
タケオしゃん

牌譜はこちら

 純チャン受けがあるくっつき1シャンテン。を残してツモならダマでも跳満。を残して純チャンテンパイを逃すのはツモのみ。打がよさそうです。

 純チャンが崩れてリーチドラ1のカンチャンテンパイでも、残り1枚の5200テンパイよりはよい手となると、はまだスルーしそうです。

 出アガリ3900になりますが、打で残り4枚の待ちにしそうです。

 単騎待ちへの手変わりが少なくなったので、フリテンになりにくいように純チャンより三色同刻にとる打も考えられますが、ここでを手出しするとが止められやすくなるのでツモ切り…と考えがちですが、ここでも打として残り2枚のカンに受ける手があります。1枚差といっても、1枚と2枚の差は結構大きいです。

 下家の仕掛けにも通しにくいですが、は1枚切れなので当たるとすれば後から重ねたか単騎待ち。にラグがかかっていればマンズは完成メンツと読めるのでも通しやすいです。一通と赤2枚のチャンス手で、軽い仕掛けも多用される天鳳名人戦という場を考えればを押す手もあったように思います。

 結果は東家が北家からタンヤオドラ3を出アガリ。東家はをリャンメンからチーしているとはいえ、巡目的にもテンパイを取りにいっただけの仕掛けも否定できないためは止まらなそうです。

 この半荘のトップがほぼ確定している南家。優勝を目指すべく、足切り確定の東家からは見逃して、現状で総合トップの西家からの直撃を狙います。

 西家からリーチが入ったので2枚目のは仕方なく出アガリと考えがちですが、それでも東家からアガると西家をラスにさせづらくなります。3着とラスに素点にして70000点も差がつくルールですから、優勝を目指すうえでは西家からリーチが入っても東家からだけは見逃しがよかったように思います。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top