麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第151回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第151回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第八節二回戦A卓

▼対局者
タケオしゃん
石橋伸洋
Ⓟ川崎たかし
多井隆晴

牌譜はこちら

 打ならツモでチートイツとツモりサンアンコ両天秤の1シャンテン。トイトイでテンパイした場合もが出やすくなるメリットがあります。ただしをポンしている東家に現物を残して中張牌を先切りしておきたいというのもあり優劣は難しいです。

 ドラ3の完全1シャンテンに取れる形でしたが、南家の最終手出しに着目して打切りのタイミングが早かったらどうなっていたか気になるところです。

 カンは残り1枚につき2シャンテン戻し。シャンテン戻しはターツを外すのが基本ですが、今回はがドラ、は4連形の一部。よって例外的に雀頭を崩す打が候補に上がります。重なり以外で使いづらいドラ切りとの比較は迷いますが、将来の危険度に関してもむしろの方が低いというのもあり切り。

 結果的にはに鳴きが入った後有効牌を立て続けにツモり6000オール。最善を追求した結果ツモが噛み合いました。

 配牌からいきなり1シャンテン。メンホンチートイツがある以上第一打は打としますが、ポンしてホンイツトイトイ2シャンテンにした後はを引っ張って手牌構成を読まれにくくします。字牌が重なれば倍満、役満までありますが、そうなれば河が弱くなり出アガリはもちろんポンしやすさも下がります。アガリさえすれば12000以上で順位状況が大きく改善されるからこそ、少しでもアガリやすいように河作りを意識します。

 北家リーチ後に1回多くツモれるとはいえ、自分の打点がほぼ上がらない手牌でカン。の空切りなら、くらいならまだ押せると判断してくる他家がいるかもしれません。

 しかしカンドラが増えたこともあり、放銃でラス落ちの可能性が高くなった西家がを止めてテンパイ取らず。もしを通していればアガれていました。リーチ者の待ちが良形であることを想定すれば、横移動の可能性を減らした方が自分のアガリ率が高まるというのも事実。このあたりの判断は難しいものです。

 北家とのめくり合いを制し6000オール。このアガリでトップ目に立ちそのまま逃げ切る展開となりました。

新着記事

Return Top