麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討  第29回

ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討 第29回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第九期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第三節二回戦B卓

▼対局者
就活生@川村軍団
Ⓟ渋川難波
Ⓢ福地誠
独歩

牌譜はこちら

東2局0本場

第一打がにもかかわらずツモで打。この段階では意図が分かりにくいですが…

残しが生きてピンズのホンイツにまで伸びました。上家からが出て役牌ドラ1のチーテンに取るくらいなら、ホンイツで満貫以上が見えるくっつき1シャンテンの方がよいのでシャンテン戻しの打とします。

しかしこうなると、そもそも第一打の時点でを残して打の方がよかったのではという話になります。配牌の段階ではホンイツを想定しにくいですが、役牌ドラ1の2000点止まりになりやすいため、鳴いて2翻つけば満貫に届くホンイツを狙うメリットが大きいことを踏まえるとその方がよさそうに見えます。

第一打で切っているを鳴き返してテンパイ。他家に押し返せそうな手牌が入らず流局に終わりましたが、他家視点からこの鳴き返しがどのように見えていたのか気になるところです。

南1局0本場

序盤につき1枚切れ字牌よりは生牌の方が重なりに期待できそうですが、役牌を残して重なれば高め出アガリ3翻、ただしツモなら三暗刻がついていずれにせよ満貫。打が無難とみますが難しいところです。

東3局

ドラと役牌、三暗刻変化があるというのもありますが、アンカンだけでも打点が上がり、1回多くツモれることから多少狭いくっつき1シャンテンでもテンパイ外しが有力になる形。

裏ドラは乗りませんが、符ハネで7700をトップ目から直撃。大きなアガリです。

南3局

ラス目とは点差に余裕がありますが、上位とは満貫以上の差がある局面。一手変わり三色でも平和のみはリーチすることが多いですが、この条件下なら跳満ツモであわよくばのトップ逆転までみてダマの一手でしょう。

南4局1本場

北家の仕掛けが入ったところで即座にアシストに変更。北家は鳴いてのシャンポンに取りますが、西家からアシストが期待できることを踏まえると、のそばでがアシストされやすい。西家が差し込めるのはのみ手に限るのでは切られないことからカンに受けた方がよかったかもしれません。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top