麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討  第59回

ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討 第59回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第九期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第五節四回戦B卓

▼対局者
Ⓟ中嶋隼也
Ⓟ醍醐大
独歩
お知らせ

牌譜はこちら

東2局0本場

打点差が大きいのでポンからリャンメン落としてホンイツ狙い。テンパイしないピンズツモでも更に手変わりが増えますが、3翻リャンメンテンパイなら満貫1シャンテンよりよいので、ポン打という選択もあります。ホンイツに寄せてしまうのがシンプルですが、この辺りの比較も難しいものです。

手出しリャンメン落としの瞬間は、安牌や受け入れが増える牌を引いたケースもあるのでノーテンの可能性が高い。対門のホンイツ仕掛けが進んでも押し返す可能性を残すためにピンズのリャンカンを固定しました。

対門の手は進んでませんが、を引き戻して今度は打。親の仕掛けへの放銃リスクがあるので2シャンテンからは通っている牌を切ります。

対門がドラを切ってきたのでホンイツテンパイの可能性はかなり高い。こうなるとツモでも押せるか微妙なところで、は親の仕掛けに放銃するリスクがあるので打

ノーテンの段階では引き気味でしたがテンパイとなれば別。対門もまさかカンだとは思わなかったでしょう。押し返せる手順をうまく残したが故にアガリに結びつけることができました。

東2局0本場

ダブとのシャンポンはリャンメンと同等かそれ以上に価値が高いので、は強浮き牌相当。

ソーズにくっついた場合はが出ていきますが、ダブがつけば逆に打点が上がるのもあり序盤につきテンパイ外し。ただの役牌トイツならリーチ打ちそうです。

東4局

現状チートイツ2シャンテン、メンツ手3シャンテンにつきで順子が出来ても2シャンテンのまま。トイトイになった場合はを早めに切っておくほどが出やすくなります。

チートイツドラドラテンパイでも中張牌のドラ単騎となると他家に使われやすいこともあり、押し引き判断は通常の悪形高打点テンパイに比べれば引き寄り。が当たり牌だったのは偶然ですが、ラス目親リーチ相手となれば引くのが無難でしょうか。醍醐プロの手組、押し引き判断の精度の高さに驚かされる局が続きます。

南1局1本場

ここまで振るわなかったお知らせ氏でしたが、ここにきて一発と裏ドラ込みでテンパイが入っていた独歩氏から倍満出アガリ。下家の中嶋プロは親で役無しリャンメンテンパイですが、下位の西家北家ともに高打点濃厚で、が薄いとなれば次巡以降の危険牌を止めるためにダマが無難そうです。

南2局

ツモならペンテンパイよりくっつきの1シャンテンがよいとみてペンチャンを外しそうですが、よりが若干山に残ってそうで、手が進まず先手を取られた場合にも切りやすいという利点もあります。

高め一発ツモのうえに裏が乗って2連続で倍満。トップを決定づけるアガリになりました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top