麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討  第85回

ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討 第85回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第九期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第八節一回戦B卓

▼対局者

Ⓟ醍醐大
独歩
おかもと
Ⓟ木原浩一

牌譜はこちら

東1局

残り1枚とはいえ親の平和ドラ1なら基本押すところですが、一発を回避しつつ現物切りなら、より価値の高いテンパイになる変化も豊富にあります。評価は難しいですが候補として押さえておきたい選択です。

東2局

何もなければくっつき1シャンテンに受ける打ですが、は仕掛け双方に危険牌。仕掛けに通る雀頭を崩しても良形1シャンテンを維持できるならそれに越したことはないとみて打。押し引きが要求される局面では、手組においては次善手以降の選択が候補になる場合もあります。

東4局1本場

なら仕掛けにも通ってますが、ドラが見えているのでで放銃しても最大で3900止まりと南家にツモられるよりはマシな結果。それなら低確率とはいえ満貫をアガって決定打になる可能性を残すに越したことはないというところでしょうか。

南2局

 早いリーチに安牌が無い1シャンテンから雀頭を崩して2シャンテン戻し。テンパイを逃しても通したを切りつつ手広い1シャンテンで、それ以外の無筋引きなら先にを切っていた方が押し返しやすい手組になるという利点があります。とはいえ目先の放銃率に大差ない以上、切りで1シャンテンに取っておくに越したことはないと判断しそうです。

ツモはともかく、のポンテンの受けまで減らしてを止める打。ここで止めても結局を切ることになりそうですが、リーチ者がチートイツの可能性も少なくないと見ていたのかもしれません。

とすれば3メンチャンでしたが、巡目が深くがノーチャンスになることもあり現物の打。西家視点からも北家がクイタンテンパイならはむしろ待ち候補ですが、振っても安いのでリーチ者がアガるより好都合。差し込み気味にを抜いて目論見通りになりました。

南3局1本場

東家は打単騎のダマ7700を選択。は全員に使われづらくダマなら出アガリが期待しやすい牌。東1なら12000以上を狙ってリーチもありそうですが、トップと大きく離れて3着目以降とあまり差が無ければアガリやすさを優先したいところ。結果的にもリーチしていれば降りていたであろうトップ目から直撃に成功。更に連荘を続けて逆転トップを取ることができました。

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top