麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの戦術本レビュー第599回「多井熱 著:多井隆晴  その2」

ネマタの戦術本レビュー第599回「多井熱 著:多井隆晴 その2」

CABO求人ニルウッドカバー

4

 小学生の頃は将棋棋士になりたかった私は、大学に入ってからは麻雀で生計が立てられたらと思うこともありましたが、プロになっても給料が出ないどころか、高い会費を払わなければならないと聞いてあえなく断念することになりました。プロでなくても雀荘メンバーならとも思いましたが、麻雀仲間のメンバー経験者のほとんどから、「麻雀好きだとしてもなるものじゃない」と聞かされてやはり断念しました(笑)

 当時と比べれば麻雀界を取りまく環境はだいぶよくなったように思います。もし今の私が学生の身分であれば、プロ雀士として活動したかったですね。

5

 「好きなことで食っていける」というのはそれだけで夢のあることなので、私は年収200万でも喜んでプロ雀士になりますが、私が麻雀プロとして活動するなら、大食い系youtuberとコラボしたいですね(笑) プロが食っていける世界ができつつあるという点で何となく共通点があるような気もします。

6

 私も「麻雀ウォッチ」に記事を連載する身にならせていただきましたが、全ては0から土台を作り上げた人のお陰です。私は恩返しができるほどの力量もありませんが、何らかの形で今後も麻雀界に関わっていきたいと思います。

本記事に関するご紹介

様々な麻雀番組で人気ナンバー1のプロ雀士、多井隆晴(おおいたかはる)の心の中をすべて明かす初の書籍
 
麻雀プロの生き方をここまで熱く語った本はありません
読めば麻雀番組が、そして人生も10倍熱くなること間違い無し!
 
多井隆晴(著)
単行本:1,620円
Kindle版:1,458円
 

購入はこちら

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top