麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
「雀魂学生麻雀リーグ」決勝進出の4チームが決定! 2月13日(日)開催の決勝にむけて、出場チームを紹介!

「雀魂学生麻雀リーグ」決勝進出の4チームが決定! 2月13日(日)開催の決勝にむけて、出場チームを紹介!

BULL2021求人朝宮あろま

オンライン麻雀ゲーム「雀魂」を用いた、チーム制の新規リーグ戦「雀魂学生麻雀リーグ」。2月6日(日)に準決勝が行われ、決勝に進出する4チームが決まりました。

▼アーカイブはこちら

全32チームが参加した本リーグ。

12月から始まった全10節のレギュラーシーズン、その中から勝ち残った8チームが争った準決勝を経て、合計スコア順に1位『杜リーガー』、2位『絶対国士放銃しません』、3位『ALL GREEN』、4位『outcast』の4チームが決勝の切符を手にしました。

準決勝終了時点のチームランキング

2月13日(日)の決勝では、1節4戦を行い、優勝チームを決定します。

優勝チームには、学生麻雀連盟主催大会の優勝者が集い、学生麻雀の日本一を決める「アモスグランドチャンピオンシップ」への参加権や雀魂グッズ等が贈られます。

今回は目前に迫った決勝に向けて、決勝進出チームを紹介します。

※本記事では、許可を頂いた選手のみ本名と写真を掲載しております。

杜リーガー

写真左「りがった(本名:野村遼吾)」さん(中央大学1年)、右「SoPhia0320(本名:小坂梓恩)」さん(東北福祉大学3年)

杜リーガーは雀魂プレイヤー名「りがった(本名:野村遼吾)」さん(中央大学1年)とプレイヤー名「SoPhia0320(本名:小坂梓恩)」さん(東北福祉大学3年)の2人チームです。

りがったさんがアルバイトしている雀荘にお客さんとしてSoPhia0320さんが来店。2人はそこで出会いました。

当時は気が付かなかったそうですが、2人とも「雀魂杯 オンライン学生麻雀カーニバル」に出場しており、SNS上で互いの存在は知っていたとのこと。

その後、他の雀荘で開催されているリーグに出場したことがきっかけで、顔見知りになり、チームとして本リーグに出場することになりました。

りがったさんは聴牌したら即リーチするタイプで、手役よりもスピードを求めるタイプ。反対にSoPhia0320さんはしっかり役を作って、打点を作って打つタイプ。

本リーグでは、試合前に相手チームのことを調べ、ポイントを伸ばしたいときにSoPhia0320さんが打ち、得たポイントを失わないよう、りがったさんが安定した麻雀を打ってきました。

準決勝第2戦では、SoPhia0320さんが南4局1本場、跳満をツモアガり逆転トップを勝ち取るシーンも。杜リーガーは準決勝4回戦中3回のトップで194.0ポイントプラスし、首位で決勝進出となりました。

二人から決勝に向けて意気込みを伺いました。

りがったさん「2位の『絶対国士放銃しません』と条件を確認しながら打つことになると思う。できる限り『絶対国士放銃しません』に厳しく打ちつつ、打牌ができればと思っています。優勝目指して頑張りたいです」

SoPhia0320さん「こういう大会に決勝まででる機会が少なかったので、条件戦を楽しみたいです。『絶対国士放銃しません』とはレギュラーシーズンにそんなに当たる機会がなかったので、決勝では4回一緒に打てますし、他の2チームも注目されている人がいるので、適度に意識しつつ、自分の麻雀を崩さないように頑張りたいと思います」

 

絶対国士放銃しません

「絶対国士放銃しません」は、雀魂プレイヤー名「Akashina(本名:竹内瑞希)」さん(金沢工業大学2年)、「Be114(本名:辨野巧)」さん(東京都市大学2年)、「kurowb(本名:丹羽野晴生)」さん(岡山大学2年)、「sota1102(本名:松下颯太)」さん(岡山大学1年)の4人チームです。

Akashinaさん
Be114さん
sota1102さん

※kurowbさんは画像無し

4人は、『元3-6麻雀部』、『島根大学麻雀研究会』、『岡山大学麻雀サークルおとうふ』の3つの団体が合わさってできたオンラインサークル『MSO』に所属しているメンバー。

新型コロナウイルスの影響により、入学当初からオンライン授業がメインだった日々、リアルで人と接する時間が少ない中、Akashinaさん、Be114さん、kurowbさん、sota1102さんはオンライン麻雀を通じ、この『MSO』で友達の輪が広がったそうです。

ちなみに、この「絶対国士放銃しません」というチーム名は、リーダーのAkashinaさんが出場したオンライン学生麻雀カーニバルにて、東4局1本場で国士無双和了ののち、オーラス国士無双放銃で惜しくも優勝を逃したということからつけたとのこと。

名古屋大学のhasetomoさんが国士無双で衝撃の逆転優勝を果たす! 「雀魂杯オンライン学生麻雀カーニバル2020西場」大会結果

麻雀歴16年のAkashinaさんは頼れるリーダー兼監督的な存在。Be114さんは現代麻雀を習得している、実力文句なしのエース。kurowbさんはチームの情報を発信する広報兼稼ぎ頭。sota1102さんは麻雀歴1年ながらも、成長が著しい期待の最年少。

レギュラーシーズンでは圧倒的な実力で準決勝首位進出。その準決勝の結果は194.0ポイントを叩き出した「杜リーガー」の次点となったものの、その差はわずか10.3ポイント。熾烈な戦いが繰り広げられることは間違いないでしょう。

 

決勝への意気込みを聞きました。

Akashinaさん「ついにここまできたなという思い、あとがないなという思いがある。チームで、準決勝、決勝をどうするかを1週間くらい話し合っていて、“勝ちにこだわるか”、“勝ち方にこだわるのか”を考えてオーダーを決めました。4人で出たほうがチーム映え的にもいいと思いましたけど、話し合って1%でも勝ちの可能性が高いほうを取るということが、チームメンバーの総意だった。“勝ちにこだわる”選択をして、決勝で僕が2回出て方をつけるので、決勝に出場するBe114さん、sota1102さんは安心して全力で頑張ってもらいたい思いです。あと、国士放銃しません(笑)」

 

Be114さん「決勝のオーダーの順番を言われて、この順番を託されたときのプレッシャーが半端ないと思ったんですけど、任されたからには絶対に勝ちます。勝つ以外にないので、目指すは優勝です」

 

Kurowbさん「準決勝の前から、Akashinaが出たほうが勝てると思って、やって、結局準決勝もAkashinaが2回トップをとってきているので。やっぱり信頼できる仲間たちなので、決勝に関して、自分はメンタル面とかいろんな面で、少しでもチームのサポートをして優勝貢献できればと思っています」

 

sota1102さん「僕は試合の直前になるまであまりプレッシャーを感じないので、そこは自分のいいところだと思っています。頑張りたいと思います」

 

ALL GREEN

ALL GREENは雀魂プレイヤー名「わたい」さん(関西学院大学2年)、「shotttttt」さん(福岡大学3年)、「Quarryman」さん(福岡大学3年)、「嶋井」さん(福岡大学3年)の4人チーム。

わたいさん
shottttttさん
嶋井さん

※Quarrymanさんは画像無し

高校の同級生で結成されたチームで、嶋井さんとわたいさんが高校時代から一緒にやっていましたが、4人で麻雀をするようになったのは大学に入ってから。現在は、週1回程度、オンラインで麻雀やゲームを楽しんでいるそうです。

 

麻雀のスタイルは、わたいさんが攻撃型で、shottttttさんが守備型、Quarrymanさんは鳴きがうまいタイプで、嶋井さんは牌効率とは違う切り方をする面白い麻雀を打つタイプ。

 

レギュラーシーズンは270.1ポイントの8位で、9位の名工大麻雀サークルとわずか6.4ポイント差で準決勝進出時を果たしたALL GREEN。準決勝では3着と4着を一回ずつ引くも、下位チームとの直接対決で2回の大きなトップをとり、準決勝時点で持ち込んだポイントを減らすことなく、見事3位で決勝進出となりました。

 

今回日程の都合で、チーム代表でQuarrymanさんと嶋井さんから決勝への意気込みを伺いました。

Quarrymanさん「優勝を目指して頑張ります」

嶋井さん「自分が今のところ、結構マイナスを作っちゃっているので、決勝ではそれを巻き返してトップとって繋げたいです」

 

outcast

写真左「Chulan(本名:笠井咲良)」さん(桐朋高等学校1年)、右「黒羽織(本名:石井湖虎)」さん(相模原市立谷口中学校3年)

outcastは、雀魂プレイヤー名が「Chulan(本名:笠井咲良)」さん(桐朋高等学校1年)と「黒羽織(本名:石井湖虎)」さん(谷口中学校3年)のチーム。今回、決勝に参加するチームの中では最年少コンビです。

この大会に参加したきっかけは、もともと黒羽織(くろばおり)さんが中学生も挑戦できる大会を探しており、偶然見つけた本リーグに参加するために、共通の友人を通して、Chulanさんと知り合ったそうです。まだ直接会ったことはないそうですが、オンラインで交流をしています。

麻雀のスタイルは麻雀歴約2年の黒羽織さんは超守備型で、麻雀歴約1年のChulanさんが攻撃型とのこと。

本リーグ参加にあたり、チームの方針で「連闘しない」ことを決めているそうです。負けると心が沈むし、勝っても調子に乗ることもある。勝っても負けても一回打ったら休んで、メンタル面を安定させているそうです。その方針のお陰か、本リーグでは、どちらかがラスを引いた時は、次の人がトップを取ってポイントを稼いでいます。

準決勝4戦目では、黒羽織さんが解説の綱川さんも大絶賛の七対子のアガリを見せ、まだ中学生とは思えない繊細な手組に、実況解説陣は息をのみました。

二人から決勝への意気込みを伺いました。

Chulanさん「4位通過なので、正直厳しいと思っている部分もある。準決勝のときみたいに意識してトップを取りに行く麻雀をして優勝したいと思っています!」

黒羽織さん「トップ取るしかないので他との着順や点差を意識しながら、自分の麻雀が出来たら良いなと考えています」

 

決勝は2月13日(日)18時から配信!

『杜リーガー』、『絶対国士放銃しません』、『ALL GREEN』、『outcast』の4チームが優勝を争う「雀魂学生麻雀リーグ 決勝」は2月13日(日)18時よりYouTubeの麻雀ウォッチチャンネルにて配信します。

実況に咲乃もこ(Vtuber)さん、解説に綱川隆晃(日本プロ麻雀協会)さん、ゲストに多井隆晴渋谷ABEMAS/RMU)さんをお迎えし、決勝の模様をお届けします。

 

▼「雀魂学生麻雀リーグ 決勝」視聴ページ

 

いよいよ「雀魂学生麻雀リーグ」の王者が決定します。

一体どのチームが頂点に立つのか?!

麻雀に青春をかけた学生たちの熱き対局をぜひご覧ください!

 

大会趣旨

オンライン麻雀ゲーム「雀魂」を用いた、チーム制の学生向け新規リーグ戦が開催決定! 優勝チームにはアモスグランドチャンピオンシップの出場権が贈られる(条件あり)他、参加賞や節ごとのMVP賞など、賞品も充実!
レギュラーシーズン8節+準決勝+決勝はYouTube麻雀ウォッチchでの配信あり!毎回Mリーガーや麻雀配信者が出演します。

雀魂(じゃんたま)について

2020年11月に登録ユーザー数が250万人を突破した、オンラインで全世界のプレイヤーとリアルタイムで対戦できる麻雀ゲームです。全世界のプレイヤーと対戦できる「段位戦」、友人と好きなルールで対戦できる「友人戦」、プレイヤー同士で開催/参加できる「大会戦」が設けられています。麻雀の初心者から上級者まで幅広く楽しめるのが特徴です。
雀魂(https://mahjongsoul.com/

大会概要

イベント名

雀魂学生麻雀リーグ
https://gakusei-majan.com/event/jantama-league/

開催日時

レギュラーシーズン
全10節。各節3〜4半荘。各日18時より開始。
2021/12/6(月)
12/13(月)
12/20(月)
12/27(月)
2022/1/7(金)
1/9(日)
1/14(金)
1/21(金)
1/23(日)
1/28(金)
予備 1/30(日)

※1/9,23,30 は配信無し。
※1/9,23 は 4 半荘、その他は 3 半荘。

準決勝
全 1 節。4 半荘。
2022/2/6(日)18時~

決勝
全 1 節。4 半荘。
2022/2/13(日)18時~

会場

雀魂ゲーム内の該当大会部屋(Web版・アプリ版、どちらでも参加可能)

参加資格

以下の条件を全て満たす方。
・中学生以上 25 歳以下の学生。
・雀魂アカウントを保有している。 (新規取得でOK)
・学生麻雀連盟に個人加盟している。(申し込み後の申請で OK)
・Discord アカウントを保有しており、リーグ戦連絡用サーバーに参加できる。 (新規取得でOK)
・参加規約に同意している。

参加単位

・学生 2〜4名で構成されたチーム単位で参加を受け付ける。
・異なる学校の学生同士でチームを組んで OK。

募集チーム定員

32チーム(応募者多数の場合は締切後に抽選を行い、結果を通知します)
※応募者多数により、定員を16チームから32チームに増枠しました。
※募集は終了いたしました。
※申込者全員に抽選の結果メールを配信いたしました。もし届いていない場合は学生麻雀連盟事務局までお問い合わせください。連絡が取れない場合は権利無効となる可能性がございます。

システム

・レギュラーシーズン全10節32半荘。上位8チームが準決勝進出。
・レギュラーシーズンのポイントは半分に圧縮し準決勝に持ち越す。
・準決勝1節4半荘。上位4チームが決勝進出。
・準決勝のポイントは半分に圧縮し決勝に持ち越す。
・決勝1節4半荘。
・各チームは半荘ごとに自チームの出場選手を選択する。

競技ルール

学雀連ルールに準拠(https://gakusei-majan.com/rule/
※ただしオンライン向けに一部変更する可能性有。また。設定変更できない部分は雀魂の仕様が優先される。

実況・解説

レギュラー実況:咲乃もこ(Vtuber)

レギュラー解説:綱川隆晃(日本プロ麻雀協会所属)

ゲスト解説:Mリーガーや麻雀配信者が毎節交代で出演

第1節 12/6 渋川難波
第2節 12/13 千羽黒乃
第3節 12/20 朝陽にいな
第4節 12/27 渋川難波
第5節 1/7 梶梨沙子
第7節 1/14 朝宮あろま
第8節 1/21 千羽黒乃
第10節 1/28 朝倉康心
準決勝 2/6 日向藍子
決勝 2/13 多井隆晴
※第6,9節は配信無し。

生配信

YouTube:麻雀ウォッチチャンネル(https://www.youtube.com/c/mjnewsnet

賞品

■優勝チーム
メンバー全員に
アモスグランドチャンピオンシップ出場権+祈願の巻物5枚+20万コイン+雀魂オリジナルグッズ

■2位チーム
メンバー全員に
・祈願の巻物3枚+10万コイン+雀魂オリジナルグッズ

■3位チーム
メンバー全員に
・祈願の巻物2枚+7万コイン+雀魂オリジナルグッズ

■4位チーム
メンバー全員に
・祈願の巻物1枚+5万コイン+雀魂オリジナルグッズ

■各節MVP選手
レギュラーシーズンと準決勝において、各節の個人成績トップ選手(各節1人×11節)に
・3万コイン+祈願の巻物1枚+雀魂オリジナルグッズ

■参加賞
参加者全員に
・1万コイン

※賞品の大会出場権は、高校生以下は対象外となります。また、大会出場権獲得者が4人に満たない場合は、獲得者が計4人になるように次点以下に権利が付与されます。
※賞品に関するご連絡は、学生麻雀連盟からお送りするメールや、雀魂ゲーム内メールを通して行います。

サブライヤー

雀魂(https://mahjongsoul.com/

主催

一般社団法人学生麻雀連盟(https://gakusei-majan.com/

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top