麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
大物ゲストとレジェンドプロの総力戦!「日刊スポーツ杯争奪スリアロトーナメント2016」

大物ゲストとレジェンドプロの総力戦!「日刊スポーツ杯争奪スリアロトーナメント2016」

CABO求人ニルウッドカバー

株式会社スリーアローズコミュニケーションズ主催の対局番組「日刊スポーツ杯争奪スリアロトーナメント2016」が2016年8月3日(水)22時00分より毎週1半荘ずつニコニコ生放送およびFRESH! by AbemaTV「麻雀スリアロチャンネル」で放送される。

「日刊スポーツ杯争奪スリアロトーナメント」(以下TAT)は、麻雀スリアロチャンネルで2014年にスタート。各界の著名人を招き、麻雀界を牽引してきたベテランのレジェンドプロたちが迎え撃ち、最強を決めるという構図で開催されてきた。

予選A卓~D卓に分かれて半荘3回戦を行ない、各卓上位2名が準決勝へと進出する。準決勝は勝ち上がった8名が2卓に分かれて半荘3回戦を行ない、各卓上位2名が決勝進出。決勝は、半荘4回戦で行なわれる。

TATは2014年前期から2015年後期にかけて4回開催され、歴代優勝者には「ミスター競輪」中野浩一さん、「芸能界最強」萩原聖人さん、「雀ゴロライター」福地誠さん、「牌流定石」金子正輝プロ(最高位戦日本プロ麻雀協会)と、そうそうたるメンバーが顔を揃えている。

今年のTATは、前期・後期に分けず、さらに凝縮したメンバーで開催。歴代優勝者のうち3名がエントリーし、実業家の堀江貴文さん、極楽とんぼの山本圭壱さんもTATに初出場する。激闘の模様は、
8月3日(水)より毎週水曜日に放送される。

【対局者】
■予選A卓
金子正輝(最高位戦日本プロ麻雀協会)
忍田幸夫(麻将連合)
福地誠(麻雀ライター)
丸山雄史(お笑いコンビ『ブルーセレブ』、最高位戦日本プロ麻雀協会)

■予選B卓
中野浩一(スポーツコメンテーター/元・競輪選手)
中田功(日本将棋連盟)
土田浩翔(最高位戦日本プロ麻雀協会)
五十嵐毅(日本プロ麻雀協会)

■予選C卓
加藤哲郎(元・プロ野球選手)
じゃい(お笑いトリオ『インスタントジョンソン』)
古久根英孝(元・最高位戦日本プロ麻雀協会)
河野高志(RMU)

■予選D卓
堀江貴文(実業家)
井出洋介(麻将連合)
新津潔(最高位戦日本プロ麻雀協会)
山本圭壱(お笑いコンビ『極楽とんぼ』)

【実況】
四家秀治(アナウンサー)

【解説】
片山まさゆき(漫画家)
石井一馬(最高位戦日本プロ麻雀協会)※予選A卓
有賀一宏(最高位戦日本プロ麻雀協会)※予選B卓
佐藤聖誠(最高位戦日本プロ麻雀協会)※予選C卓
吉田基成(日本プロ麻雀協会)※予選D卓

【システム】
予選はA~Dの4卓に分かれて半荘3回戦を行い、各卓上位2名が準決勝進出。
勝ち上がった8名が2卓に分かれて準決勝。
準決勝も半荘3回戦を行い、各卓上位2名が決勝進出。
決勝は4回戦。
ルールはスリアロではおなじみの四神降臨ルール。25000点持ちの30000点返し。順位点が5-15。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top