麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
入会一年目の岩崎啓悟が初優勝 / 第14回オータムチャンピオンシップ決勝

入会一年目の岩崎啓悟が初優勝 / 第14回オータムチャンピオンシップ決勝

CABO求人MEWS

日本プロ麻雀協会の一発裏無しのタイトル戦「オータムチャンピオンシップ」決勝が9月16日に開催された。

▼配信ページ

 

【対局者】
サイコロ太郎
中山百合子
清田力夫
岩崎啓悟

最初の2回戦を終えた時点でサイコロが連勝。清田が連続4着でかなり明暗分かれる形だったが、3回戦はトータルポイントの逆の並び、清田、中山、岩崎、サイコロという着順になって混戦模様となった。

3回戦終了時点のトータル

4回戦もサイコロが4着目で進行。中山と岩崎が接戦だったが中山が南2局にリーチに出るもサイコロに7700の放銃となり岩崎が一歩リード。4回戦のトップをモノにしてトータル首位に浮上した。

4回戦終了時点のトータル

やや有利なポイントで最終戦を迎えた岩崎は東場で加点に成功して余裕のある立場に。中山が親番で七対子・ドラ2をアガり差を詰めるもトータル2位までの浮上にとどまり、岩崎は堅実に最終戦の2着を確保、優勝を決めた。

オータムチャンピオンシップ初優勝となった岩崎は18期前期入会。入会1年目での優勝となった。「疲弊しきりました。山越しもある状況なので、全てが当たり牌に見えてしまって。でも優勝できて本当に嬉しいです。」と喜びを語った。

決勝戦の結果

関連リンク

 

歴代優勝者

歴代優勝者
第1回 吉田光太
第2回 サイコロ太郎
第3回 吉田基成
第4回 大浜岳
第5回 伊達直樹
第6回 下石戟
第7回 仲林圭
第8回 菊地俊介
第9回 綱川隆晃
第10回 鈴木たろう
第11回 蔵美里
第12回 綱川隆晃(2)
第13回 朝倉ゆかり
第14回 岩崎啓悟

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top