麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
『シンデレラファイト』出場選手インタビュー 梶田琴理 「競技かるたを長年やっていて、A級六段です!優勝したら全国をゲストで巡っていろんな方にもっと私の事を知ってほしいです!」

『シンデレラファイト』出場選手インタビュー 梶田琴理 「競技かるたを長年やっていて、A級六段です!優勝したら全国をゲストで巡っていろんな方にもっと私の事を知ってほしいです!」

BULL2021求人ニルウッドカバー

ラスが即敗退の”8日間のサバイバルマッチ”として生まれ変わった『シンデレラファイト』(5月20日(金)18時開幕。Youtube麻雀プロ団体Liveチャンネルで生配信)

対局選手全員にインタビューを実施!13日より順次動画が公開されています!

当記事では梶田琴理選手のインタビューで動画に収まりきらなかったトークも含めた完全版を掲載!

▼梶田琴理 選手インタビュー動画はこちら

梶田琴理 (かじた・ことり)

競技かるたA級6段の実績を持つ。
人気漫画「ちはやふる」の"聖地"福井県あわら市出身で、競技かるた界から麻雀界へ足を踏み入れた。
麻雀プロとしてシンデレラファイトで初タイトルを目指す。

愛称:ぴっぴ
所属団体:最高位戦日本プロ麻雀協会
プロ歴:3年
出身地:福井県あわら市
Twitter:https://twitter.com/pipppppppi

▼詳細なプロフィールはこちら

プレゼントキャンペーン元ツイートはこちら
https://twitter.com/pipppppppi/status/1520041007525818370?s=20&t=ZJZNZZyTDH3G7_gkbqF8Qw

──愛称『ぴっぴ』の由来は?

「名前が『琴理』で、『小鳥』と読み方が一緒なので、小鳥の鳴き声にちなんで、ぴっぴと呼ばれています。大学の先輩が付けてくれました」

 

──麻雀歴は?

「本格的にルールを覚えてからは3、4年くらいです。プロ歴は2年半です。好きな役はタンヤオとリーチです。」

 

──チャームポイントは?

「腕が長いところです」

 

──今ハマっていることは?

「ロードモバイルというスマホのゲームにハマっています」

──麻雀以外の特技は?

「百人一首の札を取る、競技かるたが得意で、小さい頃からやっています。今A級六段です。四段以上がA級というクラスに分類されます」

「昇段するには、ポイントが必要なんですが、大会で優勝すると8ポイント、準優勝は4ポイント、3位は2ポイント、4位は1ポイントとポイントが得られるんですね。五段から六段になるには、40ポイント必要で、かなり壁は厚いと思います」

──天鳳にも力をいれてるようですが?

「天鳳に毎日うなされています……。天鳳の夢も見るんですよ……。それで叫びながら起きます(笑)」

 

──今回の衣装のこだわりは?

「ちょっとこじつけみたいなんですけど、自分の麻雀もまだ凝り固まっていないというか、臨機応変に柔軟な選択が取れるようにしたいと思っているので、そんなイメージがある、柔らかい素材のワンピースにしました」

 

──優勝したらやりたいことは?

「優勝したら、全国をゲストで回って、色々な方にもっと私のことを知ってもらいたいなって思っているんですけど、たぶんまずは、たくさんお酒をのみます!日本酒が好きで、地元福井の『梵』という銘柄がおすすめです」

 

──目標とする麻雀プロは?

村上淳さんです。今の私の打ち方とは全然違うんですけど、理想です」

 

──仲の良いプロ雀士は?

「吉田葵プロです」

 

──シンデレラファイトで戦いたい相手は?

長谷川栞さんです。彼女も天鳳プレイヤーで、私よりも最高到達段位は上なので、ライバル、というのはおこがましいんですが、挑戦したいなと思います」

 

──麻雀のプレイスタイルは?

「まだ定まってないんですけど、ラスが非常に重く響くルールの天鳳をメインにやっているので、必然的にラスを回避する打ち方になるんですが、今のアカウントがラス率21%いかないくらいなので、そこを活かしてがんばりたいです。好きな役はタンヤオとリーチです」

 

──もしMリーガーになれるなら、どのチームに入りたい?

セガサミーフェニックスです。もともと茅森さんと魚谷さんにあこがれていたのと、選手全員麻雀のスタイルが違うけれど、見ていていい雰囲気のチームなんだろうなって感じています」

 

──麻雀プロになって良かったこと、うれしかったことは?

「元々は、会社員をしていた時に麻雀プロになったんです。地元に住みながら最初の半年間東京に通っていたのですが、地元には麻雀のことを質問できる人が周りにいなかったので、もっと麻雀を勉強できる環境を求めて上京しました。それが団体に入ったことで、色んな勉強会に参加できたり、牌譜を見てくれる方が現れたりと、充実した環境に身を置けているのでプロになって良かったなと思います」

「あと、自分の麻雀を応援して下さる方がとても増えたので、すごく嬉しいので、何としても今回は結果を出したいです」

 

──シンデレラファイトへの意気込み

「ラス回避が重要になるルールに変更されたので、正直、それを聞いたときは『よしきた!』って思いました。トップが取り切れない麻雀っていうのが悩みだったのですが、これなら戦えるって思っています。私の麻雀は派手じゃないんですけど、一生懸命正解に近い打牌を探して打つので、そういったところを見てください!」

 

シンデレラファイト開催日程

■1st Stage(4人麻雀)
5月20日(金)Day1

5月27日(金)Day2

6月3日(金)Day3
6月10日(金)Day4

■2nd Stage(3人麻雀)
6月17日(金)Day5
6月24日(金)Day6

■特別企画番組
7月1日(金)

■ダイジェスト番組(ABEMA)
7月8日(金)

■Semi Final(ABEMA)
7月15日(金)Day7

■Final(ABEMA)
7月22日(金)Day8

1st Stage、2nd Stageは、麻雀プロ団体Liveチャンネル(YoutubeOPENREC)、麻雀スリアロチャンネル(ニコニコ生放送)で放送予定。
ダイジェスト番組、SemiFinal、FinalはABEMAで放送予定。
全日程18時開始で、全試合生放送予定。

関連記事

日向藍子(実況)・綱川隆晃(解説)・松田麻矢(公式サポーター)のインタビューと先行カットはこちら

▼サバイバルシステムや日程の詳細はこちら

▼出場選手紹介はこちら

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top