麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
高打点飛び交う第1試合で茅森勝利!チームは4位浮上!第2試合で高宮が初勝利!【Mリーグ 11/8結果】

高打点飛び交う第1試合で茅森勝利!チームは4位浮上!第2試合で高宮が初勝利!【Mリーグ 11/8結果】

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

 麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は11月8日に、 赤坂ドリブンズ 対 セガサミーフェニックス 対 TEAM雷電 対 KONAMI麻雀格闘倶楽部 の対戦が行われた。

 第1試合は、ドリブンズから村上、フェニックスから茅森、雷電から瀬戸熊、麻雀格闘倶楽部から高宮が出場。

 東場は瀬戸熊がリードを保ったかと思いきや、南入時9000点持ちだった村上が親番で4000オール、6100オールと立て続けにアガリ、トップ目に。
 さらに村上トップで終われるかと思った茅森が親番のオーラス、なんと24000点をトップ目の村上から直撃するという嵐のような点棒のやり取りが行われた。

茅森の24000点のアガリ©AbemaTV

 24000点を放銃した村上だったが、続行したオーラス1本場、冷静に打ち切り12300点をアガリ、2着でゲームが終了した。

 2勝目を飾った茅森は「とってもうれしいです。ずっと苦しかったんですけど、オーラスのアガリで勝てました。最後のチートイは回りの手を止める為にもリーチをかけました」と語った。
 ファンへのメッセージに「次もトップを取りたいと思います。応援よろしくお願いします。」と笑顔を見せた。

インタビューを受ける茅森©AbemaTV

1位 茅森(フェニックス) +56.6
2位 村上(ドリブンズ) +11.3
3位 瀬戸熊(雷電) ▲21.0
4位 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲46.9

 第2試合は、ドリブンズからたろう、フェニックスから茅森、雷電から萩原、麻雀格闘倶楽部から高宮が出場。

 東1局で、高宮が12000点を萩原からアガリ、スタートダッシュ。
 続く東2局親番を迎えた茅森が4000オールのアガリを決め、トップ目に。

 道中たろうが四暗刻をテンパイするもアガリにはならず、ゲームは茅森トップ、高宮2着目のまま高宮親番のオーラスを迎える。

全員の着順をかえるたろうのアガリ©AbemaTV

 茅森トップ目のため、早いアガリを目指し、仕掛けて行くが、海底でたろうの河にあるのスジを切って8000点の放銃。
 その結果高宮が2着からトップ、茅森はトップから2着に落ち、たろうはラスから3着、萩原は3着から4着と、全員の着順がかわるアガリとなった。 

 初勝利となった高宮は「今日誕生日なので、皆にバースデートップ頑張ってねと言われていたし、1試合目でラスだったのでトップが取れて本当によかったです。最終局にリーチが入って、立ち回りが難しかったのですが、終局間際にテンパイが取れそうだったので、なんとかテンパイ取ってもう1局、と思っていたのですが、次局に進まずトップが取れたので、これは誕生日プレゼントかな、と思っています。」と語った。

 本日30歳になった高宮に、30歳の抱負を聞くと、「20代は皆様のおかげでとっても充実してたので、30代はもっと充実してハートが燃える感じで頑張りたいなと思います。」と話した。

インタビューを受ける高宮まり©AvemaTV

1位 高宮(麻雀格闘倶楽部)+48.7
2位 茅森(フェニックス)+6.9
3位 たろう(ドリブンズ)▲16.3
4位 萩原(雷電) ▲39.3

次回11月9日(金)は渋谷ABEMAS、EX風林火山、セガサミーフェニックス、KONAMI麻雀格闘倶楽部が対戦。

チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 ABEMAS 226.5 26/80
2 風林火山 204.0 24/80
3 Pirates 128.8 28/80
4 フェニックス ▲13.5 28/80
5 ドリブンズ ▲74.3 26/80
6 雷電 ▲155.0 24/80
7 麻雀格闘倶楽部 ▲316.1 28/80

 

個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 多井(ABEMAS) 274.5 7
2 亜樹(風林火山) 180.4 10
3 滝沢(風林火山) 109.8 7
4 小林(Pirates) 108.2 11
5 近藤(フェニックス) 94.0 9
6 園田(ドリブンズ) 92.6 9
7 朝倉(Pirates) 79.0 9
8 瀬戸熊(雷電) 52.5 9
9 松本(ABEMAS) 48.9 8
10 黒沢(雷電) 2.2 5
11 村上(ドリブンズ) ▲9.6 11
12 茅森(フェニックス) ▲26.9 8
13 石橋(Pirates) ▲58.4 8
14 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲77.0 7
15 魚谷(フェニックス) ▲80.6 9
16 勝又(風林火山) ▲86.2 7
17 寿人(麻雀格闘倶楽部) ▲93.6 11
18 白鳥(ABEMAS) ▲96.9 11
19 前原(麻雀格闘倶楽部) ▲145.5 10
20 たろう(ドリブンズ) ▲157.7 8
21 萩原(雷電) ▲209.7 10

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top