麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
村上 VS 松ヶ瀬 VS 魚谷 VS 本田 2月の初戦はセミファイナルボーダーを占う下位チーム同士の激戦!【Mリーグ2021 2/1 第1試合メンバー】

村上 VS 松ヶ瀬 VS 魚谷 VS 本田 2月の初戦はセミファイナルボーダーを占う下位チーム同士の激戦!【Mリーグ2021 2/1 第1試合メンバー】

BULL2021求人朝宮あろま

本日2月1日(火)19時から「大和証券Mリーグ2021」レギュラーシーズンの68日目が開催。第1試合出場選手が発表された。

【出場チーム】
赤坂ドリブンズ
EX風林火山
セガサミーフェニックス
チーム雷電

2月1日の対戦カード © ABEMA

第1試合の出場選手が発表された。

Mリーグ公式HP

6位の赤坂ドリブンズからは村上淳が出場。個人成績はトップ3回、2着2回、3着4回、4着8回のトータル▲403.7ポイントの32位となっている。

チームは好調を維持してトータル▲26.4ポイントまで浮上、いよいよプラス圏浮上が見えてきた。村上は苦戦が続くがこの終盤の大事な場面で真価を発揮できるか。

2/1先発の松ヶ瀬 ©ABEMA

2位のEX風林火山からは松ヶ瀬隆弥が出場。個人成績はトップ6回、2着5回、3着4回、4着4回のトータル198.1ポイントの6位となっている。

チームは一時の不調を脱してポイントをキープ。セミファイナル進出に向けてこの位置を維持したい。松ヶ瀬はここ5戦トップがない状況、MVP獲得に向けてそろそろトップを目指していきたい。

7位のセガサミーフェニックスからは魚谷侑未が出場。個人成績はトップ5回、2着2回、3着6回、4着4回のトータル▲25.1ポイントの19位となっている。

直近7戦でトップなし4着4回と苦戦が続いてついに7位に陥落してしまったフェニックス。魚谷も連続4着となっている。6位ドリブンズとの直接対決を制してセミファイナル進出に向けて弾みをつけていきたい戦いとなる。

8位のチーム雷電からは本田朋広が出場。個人成績はトップ2回、1.5着1回、2着3回、3着7回、4着5回のトータル▲247.4ポイントの29位となっている。

火曜日に久々のトップを決めたが、それに続く勝利をチームで手にすることはできなかった。セミファイナル進出は厳しい状況となったが少しでもいい戦いを視聴者に届けていきたい。

実況は小林未沙、解説は最高位戦日本プロ麻雀協会の土田浩翔が務める。レポーターは松本圭世さんが務める。

大和証券 Mリーグ2021 68日目 2/1
赤坂ドリブンズ vs EX風林火山 vs セガサミーフェニックス vs チーム雷電

実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世

番組ページ

1月31日終了時点のチームランキング ©ABEMA
1月31日終了時点の個人ランキング

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top