麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【10/6 Mリーグ2022-23 第1試合結果】満貫以上のアガリが8回も吹き荒れた乱打戦 繊細な打ち回しで風林火山・松ヶ瀬が制す!

【10/6 Mリーグ2022-23 第1試合結果】満貫以上のアガリが8回も吹き荒れた乱打戦 繊細な打ち回しで風林火山・松ヶ瀬が制す!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」3日目が10月6日(木)に開催された。

10月6日の対戦カード ©ABEMA
解説:内川幸太郎 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:滝沢和典

南:丸山奏子

西:瀬戸熊直樹

北:松ヶ瀬隆弥

第1試合

東1局、好配牌をもらった親番の滝沢が先制リーチ。

すぐに丸山にもテンパイが入り、[④][⑦]待ちで追いかけリーチ。

東1局 丸山の手牌 ©ABEMA

最終盤で滝沢が[2]をツモ、4000オールのアガリでスタート。

東1局 滝沢 リーチ・ツモ・赤1・裏1 4000オール ©ABEMA

東1局3本場、手牌を真っ直ぐに進めた瀬戸熊が[西][5]のシャンポン待ちでリーチ。

[5]を自力で引き寄せ、2000・4000のアガリとなった。

東1局3本場 瀬戸熊 リーチ・ツモ・赤2・ドラ1 2000・4000 ©ABEMA

東2局は松ヶ瀬が4巡目に[赤五]を引き入れ、七対子・ドラ2・赤1をテンパイ。1枚切れの[発]単騎待ちでリーチをかける。

東2局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

次巡、松ヶ瀬が引き寄せたのは[発]。10翻の倍満、4000・8000の強烈なアガリで滝沢に迫る。

東2局 松ヶ瀬 リーチ・一発・ツモ・七対子・ドラ2・赤1・裏2 4000・8000 ©ABEMA

東3局は親番の瀬戸熊に一気通貫完成済みの好配牌が入る。

リーチが実り、4000オールのアガりで滝沢と松ヶ瀬をかわしてトップに立つ。

東3局 瀬戸熊 リーチ・ツモ・ピンフ・一気通貫 ©ABEMA

東4局、親番の松ヶ瀬が[③][⑥][⑨]待ちでテンパイ、ダマを選択。

東4局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

「繊細なる巨砲」たるヤミテンで丸山の[⑥]を仕留め、12000の加点に成功する。

東4局 丸山の手牌 ©ABEMA
東4局 松ヶ瀬 タンヤオ・ピンフ・赤2・ドラ1 12000 ©ABEMA

東4局2本場は瀬戸熊と松ヶ瀬が七対子でぶつかる。

東4局2本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東4局2本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

自身の目から[3]が4枚見えだった滝沢が[2]を選び、瀬戸熊の6400が決まる。

東4局2本場 瀬戸熊 リーチ・一発・七対子 6400 ©ABEMA

滝沢・瀬戸熊・松ヶ瀬のデットヒートが繰り広げられ、丸山が箱下と苦しい展開で迎えた南場。

南1局は親番の滝沢がホンイツで仕掛け、[三][六]待ちで満貫のテンパイ。

[二]を加カンすると、リンシャンから[三]をツモ、新ドラも1枚乗って6000オールのアガリとなった。

南1局 滝沢 嶺上開花・發・混一色・赤1・ドラ1 6000オール ©ABEMA

南2局、親番は丸山。ここで加点したいところだったが、[中]を仕掛けていた松ヶ瀬に軍配が上がる。

[赤五]をツモ、2000・4000のアガリで再び滝沢に迫る。

中 赤2 ドラ1 2000・4000 ©ABEMA

南3局、親番の瀬戸熊がリーチ、丸山も四暗刻イーシャンテンから苦渋のポンでテンパイを入れる。

南3局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
南3局 丸山の手牌 ©ABEMA

しかしこの局も松ヶ瀬がものにする。

[③]をチーして[④][⑦]待ちのチンイツを張ると、直後に瀬戸熊が[④]を掴み8000のアガリ。

南3局 松ヶ瀬 清一色 8000 ©ABEMA

オーラスは丸山に大物手が入る。素点回復も重要な意味を持つMリーグ、最後の意地と言わんばかりに[3][6]待ちでリーチ。

南4局 丸山の手牌 ©ABEMA

しかし直後に3着目の瀬戸熊が七対子・ドラ2で[二]単騎待ちのテンパイ。

南4局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

[二]を丸山が掴み、瀬戸熊の6400で決着がついた。

南4局 瀬戸熊 6400 ©ABEMA

大物手が乱舞する第1試合を制したのは松ヶ瀬。今期初登板の丸山は苦しい4着に終わった。

一昨日は初戦から2ラスを引いてしまったEX風林火山に光をもたらした。

第1試合トップの松ヶ瀬 ©ABEMA

第1試合結果
1位 松ヶ瀬隆弥(風林火山)+71.2
2位 滝沢和典(麻雀格闘俱楽部)+24.2
3位 瀬戸熊直樹(雷電)▲9.4
4位 丸山奏子(ドリブンズ)▲86.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top