麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【10/6 Mリーグ2022-23 第2試合結果】黒沢咲が南場に怒涛の3連続満貫を決めてバースデートップを飾る!

【10/6 Mリーグ2022-23 第2試合結果】黒沢咲が南場に怒涛の3連続満貫を決めてバースデートップを飾る!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」3日目が10月6日(木)に開催された。

10月6日の対戦カード ©ABEMA
解説:内川幸太郎 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:村上淳

南:高宮まり

西:二階堂瑠美

北:黒沢咲

第2試合

東2局、親番の高宮が[東]のポンから仕掛け、満貫のテンパイ。

東2局 高宮の手牌 ©ABEMA

終盤に瑠美から[5]が打たれ、高宮が12000のアガリを決めた。

東2局 瑠美の手牌 ©ABEMA
東2局 高宮 ダブ東・赤2 12000 ©ABEMA

東3局、「リーチ超人」の異名を持つ村上がここにきて初めてリーチ。待ちは[一][四]

東3局 村上の手牌 ©ABEMA

そこに瑠美が絶好の[三]を引き入れリーチを宣言するが、[一]は村上の当たり牌。

東3局 瑠美の手牌 ©ABEMA

村上が3900をアガる。

東3局 村上 リーチ・ピンフ・赤1 3900 ©ABEMA

東4局は高宮が[四]を仕掛け、二枚切れの嵌[③]待ちで8000のテンパイ。

東4局 高宮の手牌 ©ABEMA

七対子のイーシャンテンだった瑠美が[③]を掴み放銃。

高宮は大きなリードを築き、一方の瑠美は箱下へ沈み南入。

東4局 高宮 タンヤオ・赤2・ドラ1 8000 ©ABEMA

南1局、親番の村上が[二][五]待ちのフリテンリーチ。

南1局 村上の手牌 ©ABEMA

村上の親番を落とせば勝ちが大きく近づく高宮、タンヤオで仕掛け[四][七]待ちで勝負に出る。

南1局 高宮の手牌 ©ABEMA

そこにバースデーの黒沢が参戦。[南]を重ねて[④][⑦]待ちで追いかけリーチ。

南1局 黒沢の手牌 ©ABEMA

フリテンの村上が大きくため息をつく中、直後に高宮が[④]を掴み黒沢に放銃となった。

裏ドラが雀頭の[発]になり、黒沢が8000のアガリを決めた。

南1局 高宮の手牌 ©ABEMA
南1局 黒沢 リーチ・一発・南・裏2 8000 ©ABEMA

南2局は黒沢がピンフ・ドラ1でリーチをかけ、[八]をツモ。

これにも裏が乗り、2000・4000のアガリで高宮をかわしてトップに立った。

南2局 黒沢 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1・裏1 2000・4000 ©ABEMA

南3局も黒沢が止まらない。[5][8]待ちの先制リーチを入れる。

南3局 黒沢の手牌 ©ABEMA

昨シーズンは初めて個人スコアがマイナスになってしまった黒沢。

実況の日吉に「いい意味で2年前、3年前の黒沢に戻っている」と評されていた。

高宮も南・ドラ1の嵌[⑧]待ちでテンパイを入れるが、苦しい立場の瑠美から[8]がこぼれ、黒沢の8000のアガリとなった。

南3局 黒沢 リーチ・ピンフ・赤1・ドラ1 8000 ©ABEMA

オーラス、ここまで3局連続で8000をアガってトップ目に立っている黒沢の親番。

この局も一番乗りは黒沢だったが、リーチをかけると高宮の満貫ツモでまくられてしまうため、ダマを選択する。

オーラス 黒沢の手牌 ©ABEMA

現状着浮上が難しい瑠美もテンパイ、ドラの[三]引きに期待してダマを選択。

オーラス 瑠美の手牌 ©ABEMA

そこに3着目の村上がテンパイ、ツモ・裏1で2着に浮上となるリーチを敢行。

オーラス 村上の手牌 ©ABEMA

ドラの[三]が連続で打たれたタイミングで瑠美もリーチで追いすがる。

オーラス 瑠美の手牌 ©ABEMA

黒沢がオリたことでこの局は流局。

黒沢が嬉しいバースデートップをチーム雷電に持ち帰った。

第2試合トップの黒沢 ©ABEMA

第2試合結果
1位 黒沢咲(雷電)+68.3
2位 高宮まり(麻雀格闘俱楽部)+13.7
3位 村上淳(ドリブンズ)▲10.0
4位 二階堂瑠美(風林火山)▲72.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

10月6日トータル結果

雷電(瀬戸熊3着・黒沢1着)+58.9
麻雀格闘俱楽部(滝沢2着・高宮2着)+37.9
風林火山(松ヶ瀬1着・瑠美4着)▲0.8
ドリブンズ(丸山4着・村上3着)▲96.0

黒沢がバースデートップを決めた雷電が加点に成功して5位に浮上、麻雀格闘倶楽部は連続2着で首位を維持した。ドリブンズ、風林火山はやや苦戦のスタートだがまだ悲観する状況ではないだろう、週明けも前向きに戦っていきたい。

明日はABEMAS、フェニックス、サクラナイツ、Pirates。まだ出場のない仲林の初出場はあるのか注目!

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
10月7日の対戦カード ©ABEMA
10月6日終了時点の個人スコア

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top