麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【1/19 Mリーグ2023-24 第1試合結果】船長復活で500ポイントオーバー!小林剛が得意の副露を主体とした戦術で卓を支配し、約2ヶ月半ぶりのトップ獲得!リハーサルで地和を出されてしまった松本吉弘は無念の4着!

【1/19 Mリーグ2023-24 第1試合結果】船長復活で500ポイントオーバー!小林剛が得意の副露を主体とした戦術で卓を支配し、約2ヶ月半ぶりのトップ獲得!リハーサルで地和を出されてしまった松本吉弘は無念の4着!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」68日目が1月19日(金)に開催された。

1月19日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:鈴木大介

南:松本吉弘

西:小林剛

北:萩原聖人

第1試合

東1局、小林が1巡目に[中]をポン。速度勝負に持ち込み、狙い通り500・1000のアガリで幕を開ける。

東1局 小林 中, ドラ×1 500・1000 ©ABEMA

東2局、親番の松本がダブ東のポンから仕掛けて[②][⑤]待ちテンパイ。そこに萩原が七対子でテンパイし、ドラ[九]待ちでリーチを敢行する。広いイーシャンテンの小林が[②]を掴んで放銃になるかと思われたが、[①][③]と落としていくことで放銃を回避しつつタンヤオのチーテンを入れて[④][⑦]待ちに。松本が[④]を打ち出し、小林が2000のアガリを決めた。

東2局 萩原の手牌 ©ABEMA
東2局 松本の手牌 ©ABEMA
東2局 小林 タンヤオ, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

東3局は松本がタンヤオドラ3のテンパイすると、[2][5]待ちをダマに構える。そこに大介が[東]の後付けでテンパイ、さらに親番の小林がホンイツを仕上げて[一][八]待ちのテンパイを入れる。直後に松本が[⑧]を引くと[②]をスライドさせてリーチを放ち、3軒の激しい捲り合いに突入。松本が[八]を掴む形で決着となり、小林の12000が炸裂した。

東3局 大介の手牌 ©ABEMA
東3局 松本の手牌 ©ABEMA
東3局 小林 白, ホンイツ, ドラ×1 120000 ©ABEMA

続く東3局1本場、大介がテンパイするとピンフの[二][五]待ちには取らず[二][三]待ちでリーチを敢行。終盤に萩原が追いつくと、[④][3]のシャンポン待ちかカン[⑤]待ちかの選択を迫られ、萩原は前者のヤミテンを選択。しかし次巡に[赤⑤]をツモってきてしまい痛恨の裏目に。その後萩原は[二]を掴み放銃、大介が8000のアガリを決めた。

東3局1本場 萩原の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 大介 リーチ, ドラ×1, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 8000 ©ABEMA

東4局は松本が[白]のポンから3つ仕掛けてアガリを決め、1000・2000の加点に成功。萩原を僅かに捲って3着目に浮上し、南入となる。

東4局 松本 白, ドラ×2 1000・2000 ©ABEMA

南1局は萩原が6巡目にテンパイすると、両面に受けず[八][中]のシャンポン待ちでリーチ。この選択が功を奏し、トップ目の小林から[中]を一発で捉えて8000の直撃を決めた。

南1局 小林の手牌 ©ABEMA
南1局 萩原 リーチ, 一発, 中, ドラ×1 8000 ©ABEMA

南2局、大介が赤2の[④][⑦]待ちで先制リーチ。そこに役牌を2つ仕掛けた萩原が切り込んでいき、[六][九]待ちのテンパイで追いつく。次巡に[九]を引き寄せ、萩原が1000・2000のアガリでかわした。

南2局 大介の手牌 ©ABEMA
南2局 萩原 南, 中, ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA

南3局は大介が小林から2000の直撃。お互い仕掛けてテンパイを入れていたが、この局は大介に軍配が上がり、僅か300点捲ってトップ目に立った。大介と小林がアガリ条件でオーラスへ。

南3局 小林の手牌 ©ABEMA
南3局 大介 南 2000 ©ABEMA

オーラス、持ち点は大介が31,300、小林が31,000、萩原が26,200、松本が11,500という並び。

小林が[中]の後付けでチー発進すると、[中]をポンできてペン[七]待ちの先制テンパイ。

オーラス 小林の手牌 ©ABEMA

親番の萩原がラス牌の[七]を掴んで決着。最後は小林が1000のアガリで再逆転に成功し、トップを奪還した。

オーラス 萩原の手牌 ©ABEMA
オーラス 小林 中 1000 ©ABEMA

小林は10月31日以来、約2ヶ月半ぶりのトップ獲得。

船長の復活でPiratesは500ポイントの大台を突破した。

一方リハーサルで地和を出されてしまった松本は無念の4着となった。

第1試合トップの小林 ©ABEMA

第1試合結果
1位 小林(Pirates)+52.0
2位 大介(BEAST)+11.3
3位 萩原(雷電)▲14.8
4位 松本(ABEMAS)▲48.5

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top