麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【4/11 Mリーグ2023-24 第2試合結果】オーラスめくり勝った渡辺太!赤坂ドリブンズに嬉しいSF初トップをもたらす!

【4/11 Mリーグ2023-24 第2試合結果】オーラスめくり勝った渡辺太!赤坂ドリブンズに嬉しいSF初トップをもたらす!

CABO求人麻雀BarWatch

麻雀プロリーグ「朝日新聞Mリーグ2023-24」セミファイナルシリーズ3日目が4月11日(木)に開催された。

4月11日の対戦カード ©ABEMA
解説:醍醐大/東城りお 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:渡辺太(赤坂ドリブンズ

南:滝沢和典KONAMI麻雀格闘倶楽部

西:堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ

北:松ヶ瀬隆弥EX風林火山

第2試合

東1局、先制リーチは滝沢。ピンフ・ドラ1両面の[2][5]待ちで先手を取る。終盤に太が追いつく。滝沢の待ち牌である[2]を引き入れて、フリテンながら[3][6]待ちでツモにかける。両者アガリまではいかず、二軒テンパイで流局。第1試合に続き、静かな立ち上がりとなった。

東1局 流局 ©ABEMA

東1局1本場、自風の[西]を仕掛けた堀が[白][9]のシャンポン待ちでテンパイ。そこに松ヶ瀬がカン[⑧]待ちでリーチをかける。最後は滝沢が[白]で堀に放銃となった。

東1局1本場 堀 西, 白, ドラ×1 3900  ©ABEMA

東2局、松ヶ瀬が三色も見込めるイーシャンテンになる中、太が役牌の[中]を仕掛けて速度を合わせる。太はさらに持ってきた[中]を加カンして臨戦態勢。二副露して最後は[三][六]待ちになった。松ヶ瀬は、三色にはならなかったものの[六][九]待ちでリーチ。[4][7]待ちでテンパイした堀はダマテンで息をひそめる。息詰まる三軒テンパイは、[五]をツモ切りリーチした堀が一発目に[六]を持ってきて決着。頭ハネで松ヶ瀬のアガリになった。

東2局 松ヶ瀬 リーチ, イーペーコー, ドラ×2 8000  ©ABEMA

東3局、親番の堀が[②][⑤][⑧]待ちでリーチするも一軒テンパイで流局。堀は連荘に成功。続く東3局1本場、9巡目に松ヶ瀬がファーストテンパイ。[四][七]待ちのピンフをダマに構える。同巡滝沢もテンパイ。こちらはメンホン・チートイツの[②]タンキだ。松ヶ瀬同様ダマテンを選択した。ここは松ヶ瀬がツモアガリ。

東3局 松ヶ瀬 ツモ, ピンフ 400・700 ©ABEMA

東4局、太のカン[六]待ちリーチの同巡に、滝沢が[⑤][⑧]待ちの追いかけリーチで応戦。枚数的に有利だった滝沢が、不利だった太の当たり牌をつかみ放銃となった。

東4局 太 リーチ, タンヤオ, 赤ドラ×1 5200  ©ABEMA

南1局、トップ目の松ヶ瀬の先制リーチに対し、2着目親番の太が追いかけリーチ。今度は枚数通りで、太が松ヶ瀬の当たり牌をつかみ、松ヶ瀬の勝ちになった。

南1局 松ヶ瀬 リーチ, 赤ドラ×1 2600  ©ABEMA

南2局、全員がイーシャンテンでめくり合う中、堀がカン[④]待ちでファーストテンパイ。堀は次巡ツモ[⑦]でカン[⑥]へと待ちを変化させる。そこに太が[一][四]待ちでリーチ。さらには松ヶ瀬がカン[三]待ちで追いついた。最後は太が[一]をツモって700/1300としてトップ目の松ヶ瀬を追う。

南2局 太 リーチ, ツモ, ピンフ 700・1300  ©ABEMA

南3局、ラス目の滝沢がピンフで先制リーチ。悠々とツモって700/1300。

南3局 滝沢 リーチ, ツモ, ピンフ 700・1300  ©ABEMA

トップ目の松ヶ瀬と2着目の太、3着目の堀とラス目の滝沢が、ともに1000/2000条件になった南4局は、太が7巡目に先制リーチ。[六][九]待ちだが、[九]はタンヤオがつかない安めで、アガリ判断の難しいところ。親番の松ヶ瀬は、9巡目に追いついた。ペン[⑦]待ちで追いかけリーチ。トップをかけためくり合いが始まる。最後は太が[六]ツモ。見事ドリブンズにセミファイナル初トップをもたらした。

太はオーラスのアガリ判断について「追いかけリーチが来るまでは、確定逆転の[六]直撃以外はロンアガリしないつもりだった、追いかけリーチ後は、[九]が脇から出ても裏1で足りるように条件緩和されたのですべてアガる判断に切り替えた。高めをツモれたのは幸運でしたね」と振り返った。

南4局 太 リーチ, ツモ, タンヤオ, ドラ×1, 裏ドラ×1 2000・4000  ©ABEMA

第2試合トップの太 ©ABEMA

第2試合結果
1位 太(ドリブンズ)+58.6
2位 松ヶ瀬(風林火山)+10.5
3位 堀(サクラナイツ)▲22.1
4位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)▲47.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

4月11日トータル結果

ドリブンズ(浅見3着・太1着)+39.7
風林火山(瑠美2着・松ヶ瀬2着)+17.6
麻雀格闘倶楽部(伊達1着・滝沢4着)+17.0
サクラナイツ(岡田4着・堀3着)▲74.3

ドリブンズがセミファイナル初トップを獲得、開始時点の2位に戻ることができた。

サクラナイツは4試合トップがなく6位陥落、しかし上位との差はまだそれほど大きくない。来週以降しっかり立て直していきたい。

明日は首位Piratesが登場、Piratesも苦しい出だしとなったがしっかり立て直してくるかどうか注目だ。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
4月12日の対戦カード ©ABEMA
4月11日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top