麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【5/14 Mリーグ2023-24 第2試合結果】鋭い攻勢で切り開く!小林剛が要所のリーチで競り勝ちトップ獲得!U-NEXT Piratesが更にリードを広げる!

【5/14 Mリーグ2023-24 第2試合結果】鋭い攻勢で切り開く!小林剛が要所のリーチで競り勝ちトップ獲得!U-NEXT Piratesが更にリードを広げる!

CABO求人麻雀BarWatch

麻雀プロリーグ「朝日新聞Mリーグ2023-24」ファイナルシリーズ6日目が5月14日(火)に開催された。

5月14日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ

南:園田賢赤坂ドリブンズ

西:勝又健志EX風林火山

北:小林剛U-NEXT Pirates

第2試合

東1局、先制リーチは園田。678の三色を確定させ、[一][九]のシャンポン待ちで勝負をかける。これに親番堀が追いかけリーチで対抗。最後は堀が園田のアガリ牌をつかんで園田が5200のアガリとなった。

東1局 堀の追いかけリーチ ©ABEMA
東1局 園田 リーチ, 三色同順 5200  ©ABEMA

東2局、先制リーチは親番園田。河に6枚見えているものの、端にかかる[6][9]待ちでさらなる加点をねらう。しかしここは三者が慎重に対応し、園田の一軒テンパイで流局。

東2局 流局 ©ABEMA

東2局1本場、親番園田の3巡目リーチに、小林が同巡追いかけリーチで対抗。小林が競り勝ってツモると、裏ドラが3枚乗って3000・6000となった。

東2局1本場 小林 リーチ, ツモ, 赤ドラ×2, 裏ドラ×3 3000・6000  ©ABEMA

東3局、堀がタンヤオ・三色含みでチーから発進。しかし誰にもテンパイが入らないまま、捨て牌は三段目に突入。ファーストテンパイは二副露の勝又。さらに園田がフリテンながらテンパイを取り、こちらはダマテンに。しかし園田は、終盤に危険牌を持ってくると、テンパイを外す。最後は勝又の一人テンパイで流局した。

東3局 流局 ©ABEMA

園田の連荘が決まった東3局1本場、園田がドラの[二]をポンして、場に緊張が走る。最後はマンズのホンイツにしてテンパイ。ここに勝又がチートイツで追いつく。勝又・園田の二人テンパイで流局。勝又は貴重な親番をギリギリでつないだ。

東3局1本場 流局 ©ABEMA

東3局2本場、堀が二副露でタンヤオに寄せて進行すると、園田はピンズのホンイツに向かう。ファーストテンパイは園田。しかし三者は丁寧に対応。現物以外のピンズが河に放たれることはなかった。園田の一軒テンパイで流局。ついに勝又の親番が落ちる。

東3局2本場 流局 ©ABEMA

東4局3本場は、トップ目小林の親番。先制リーチは堀。待ちは苦しいカン[3]ながら、これが山に3枚ある。しかし堀のアガリ牌は相次いで小林が吸収すると、園田が山に4枚残っている[⑤][⑧]待ちで追いついた。最後は園田が堀から打ち取ってトップ目に立った。

東4局3本場 放銃となった堀 ©ABEMA
東4局3本場 園田 西, ホンイツ 3900  ©ABEMA

南1局、小林が[発]をポンして前に出る。園田は赤3を生かしてタンヤオへ。小林がファーストテンパイを入れると、誰も追いつけないままツモアガリ。700・1300を手にして、園田からトップ目を奪取した。

南1局 小林 發, ドラ×1 700・1300  ©ABEMA

南2局、堀は国士無双へ、勝又はチートイツへ。誰にもテンパイが入らないまま、捨て牌は三段目に突入する。親番をつなぎたい園田が、ポンして形式テンパイを取ると、堀がチャンタリーチで攻める。最後は園田・堀の二軒テンパイで流局。園田は小林からトップ目を取り返した。

南2局 流局 ©ABEMA

続く南2局1本場、先制リーチは勝又。園田のリーチ宣言牌をとらえて、トップ争いに食い込んだ。

南2局1本場 園田の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 勝又 リーチ, ドラ×1 2600  ©ABEMA

南3局、先制リーチは園田。これを一発でツモアガって2000・4000とした。

南3局 園田 リーチ, 一発, ツモ, 發, 中 2000・4000  ©ABEMA

南4局、先制リーチは親番の小林。ここに園田が追いついて追いかけリーチ。決着をつけにいく。枚数的には園田に分があったものの、園田が小林のアガリ牌をつかんで放銃。裏ドラが2枚乗って12000になった。

南4局 園田の手牌 ©ABEMA
南4局 小林 リーチ, イーペーコー, 裏ドラ×2 12000  ©ABEMA

南4局1本場、4着目の堀が三面張で先制リーチ。タンヤオがつく高めの[3]をツモると裏ドラを1つ乗せて、2000・4000を手にして終局となった。

南4局1本場 堀 リーチ, ツモ, ピンフ, タンヤオ, 裏ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA
第2試合トップの小林 ©ABEMA

第2試合結果
1位 小林(Pirates)+62.9
2位 園田(ドリブンズ)+6.2
3位 勝又(風林火山)▲20.0
4位 堀(サクラナイツ)▲49.1

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

5月14日トータル結果

ドリブンズ(たろう1着・園田2着)+75.9
Pirates(仲林2着・小林1着)+72.4
サクラナイツ(岡田3着・堀4着)▲69.7
風林火山(勝又4着・勝又3着)▲78.6

Piratesがここ一番で大きな2着トップで更にリードを広げ、残りゲーム数が4となった。

2位のドリブンズでさえも、1ゲーム平均90ポイント縮めなければならず、優勝への道筋は限りなく細いものとなってしまった。

まだ優勝をあきらめることは無いとはいえ、残り4戦の1戦目が終わった時点の状況で、各チームの狙いは変わってくるだろう。

最後まで、各選手の全力の闘牌に注目だ。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
5月16日の対戦カード ©ABEMA
5月14日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top