麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【Mリーグ個人データ】打点効率を示す指標「ADBI」を全選手分計測!安定して素点を稼いでいる選手は……!?【データから見るMリーグ #31】

【Mリーグ個人データ】打点効率を示す指標「ADBI」を全選手分計測!安定して素点を稼いでいる選手は……!?【データから見るMリーグ #31】

BULL2021求人朝宮あろま

今回の記事ではMリーグにおけるデータ指標を紹介します。

総合加点指標「ADBI」を各選手、各シーズン毎に集計!

麻雀ウォッチにて集計していた総合加点指標、指標の名称をTwitterにて募集していました。

参考になる様々なご意見ありがとうございます。今回麻雀ウォッチではまさえもんさんがツイートされていた「ADBI(Attack and Defense Balance Index)」を採用致します。

今回のADBI=和了率×平均打点-放銃率×放銃平均打点

となっているため、

ABI(Attack Balance Index)=和了率×平均打点
DBI(Defense Balance Index)=放銃率×放銃平均打点

としてADBI=ABI-DBIと定義することとします。

つまりこのADBIは、聴牌料以外での加点と失点を大まかな指標となります。

まだトータル試合数は少ないが伊達朱里紗が1位に。4年間圧倒的なバランスで戦い抜いている多井隆晴が2位、この2人のみがトータルADBI1000オーバーとなっています。

3位、4位の松ヶ瀬隆弥東城りおはまだ1シーズンの結果ですが、堀慎吾小林剛滝沢和典佐々木寿人は複数シーズンで高い数値を出しています。

今季MVPの活躍を見せた瑞原明奈の2021-22シーズンのADBIは驚異的な1453という数値。しかし初年度は331と振るわず、上下動がやや激しくなる指標でもあるといえそうです。

ちょっとしたことで大きく数値が変わる指標にも関わらず常に900以上の数値を出している多井隆晴の安定感は驚異的であることは明白。

このADBIはある程度ブレの感じられる指標かもしれません。もう数年Mリーグのデータを蓄積することで更にどのように判断すればよい指標にがわかっていくのではないでしょうか。

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top