麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
第21回モンド杯大好評放送中!Mリーガー7名をはじめとするトッププロ12名の出場選手、アンケート紹介!

第21回モンド杯大好評放送中!Mリーガー7名をはじめとするトッププロ12名の出場選手、アンケート紹介!

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

2/9(火)より、モンド麻雀プロリーグ20/21 第21回モンド杯が開幕。MONDOTVにて放送されている。当記事では今回の出場選手の紹介、アンケートを掲載します!

第21回モンド杯システム

予選は各自が6回を打ち(予選全18戦)、総合点の上位2名が決勝進出、2位から10位の8名が準決勝卓に進出。(下位2名は予選敗退)
準決勝は点数を持ち越して各自1回(準決勝全2戦)、総合点の上位2名が決勝進出。決勝は予選の点数を持ち越さずリセット。
2回戦を行い、優勝者を決定する。

出場者&アンケート

滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)

--過去の対局をの成績等を踏まえた今回の抱負をお聞かせください。
滝沢:前年度の決勝では平賀さんに鮮やかにまくられてしまいました。ひとまず決勝進出目標で。

--プロとしての今年から来年にかけての目標をお聞かせください。
滝沢:目の前の対局に集中して、進化を止めないようにしたい。

--今回のメンバーの中で特に意識する方はいらっしゃいますでしょうか?
滝沢:平賀さん、と思いましたが、意識することはマイナスでもあるので全員ということでお願いします。

--コロナ過でリアル麻雀がしづらい日々が続いていましたが、どのように過ごしていたのでしょうか?
滝沢:娘と遊ぶ、家事手伝いなど


佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)

--過去の対局をの成績等を踏まえた今回の抱負をお聞かせください。
寿人:3年ぶりの優勝で1つの到達点でもある通算5期獲得に向けて頑張るのみ

--プロとしての今年から来年にかけての目標をお聞かせください。
寿人:出るもの全て勝つ

--今回のメンバーの中で特に意識する方はいらっしゃいますでしょうか?
寿人:なし

--コロナ過でリアル麻雀がしづらい日々が続いていましたが、どのように過ごしていたのでしょうか?
寿人:家族と過ごす時間が多かったです


石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)

--過去の対局をの成績等を踏まえた今回の抱負をお聞かせください。
石橋:まずは決勝進出。決勝で結果を出せていないのですが、無茶をしすぎず冷静に打ちたいです。

--プロとしての今年から来年にかけての目標をお聞かせください。
石橋:モンド杯、Mリーグ、自団体のリーグ等すべての対局でとにかく結果を出す!

--今回のメンバーの中で特に意識する方はいらっしゃいますでしょうか?
石橋:佐々木寿人さん モンドに限らずですがリスペクトしています。

--コロナ過でリアル麻雀がしづらい日々が続いていましたが、どのように過ごしていたのでしょうか?
石橋:ネット麻雀での練習会、配信対局の観戦をしていました。


柴田吉和(日本プロ麻雀連盟)

--過去の対局をの成績等を踏まえた今回の抱負をお聞かせください。
柴田:前年度は決勝には残ったものの、何もさせてもらえず悔しい思いをしたので、リベンジに燃えています!

--プロとしての今年から来年にかけての目標をお聞かせください。
柴田:鳳凰位

--今回のメンバーの中で特に意識する方はいらっしゃいますでしょうか?
柴田:特にいません。自分との闘いです!

--コロナ過でリアル麻雀がしづらい日々が続いていましたが、どのように過ごしていたのでしょうか?
柴田:毎日ウォーキングをしていました。


小林剛(麻将連合)

--過去の対局をの成績等を踏まえた今回の抱負をお聞かせください。
小林:最近は毎年出場させてもらっているので、そろそろ優勝しないといけないなと思っています。

--プロとしての今年から来年にかけての目標をお聞かせください。
小林:結果を出すだけでなく、麻雀業界の発展のためにできることをやっていきたいです。

--今回のメンバーの中で特に意識する方はいらっしゃいますでしょうか?
小林:石橋との同卓はめんどくさいけど楽しいです。

--コロナ過でリアル麻雀がしづらい日々が続いていましたが、どのように過ごしていたのでしょうか?
小林:快適に家にこもってます。


金太賢(日本プロ麻雀協会)

--過去の対局をの成績等を踏まえた今回の抱負をお聞かせください。
:前回は予選1位だったものの優勝はできなかったので、今回は前回以上の結果を残したいと思います!

--プロとしての今年から来年にかけての目標をお聞かせください。
:自身のMリーグ入りと、Mリーグの発展、将来的には麻雀文化の更なる発展。

--今回のメンバーの中で特に意識する方はいらっしゃいますでしょうか?
:鈴木達也さん。自団体のリーグ戦や雀王決定戦でたくさん戦ってきたので、あのころのような熱い戦いがしたいです。

--コロナ過でリアル麻雀がしづらい日々が続いていましたが、どのように過ごしていたのでしょうか?
:料理やニンテンドースイッチをして過ごしました。


平賀聡彦(最高位戦日本プロ麻雀協会)

--過去の対局をの成績等を踏まえた今回の抱負をお聞かせください。
平賀:前回王者として挑むモンド杯。決勝進出は絶対条件として連覇を目指して頑張ります!

--プロとしての今年から来年にかけての目標をお聞かせください。
平賀:色んな対局に読んでいただける機会が増えてきたので、一つ一つ結果を出していきたいと思っています。

--今回のメンバーの中で特に意識する方はいらっしゃいますでしょうか?
平賀:特におりません。

--コロナ過でリアル麻雀がしづらい日々が続いていましたが、どのように過ごしていたのでしょうか?
平賀:ちょうど自身初の麻雀本を出させていただく時期だったので執筆活動にあてていました。”侍、真っ向勝負! 平賀聡彦のガムシャラ麻雀”よろしくお願いします!


内川幸太郎(日本プロ麻雀連盟)

--過去の対局をの成績等を踏まえた今回の抱負をお聞かせください。
内川:昨年初出場で、序盤は好調だったのですが後半に失速して決勝に残れなかったので今年はまず決勝に残りたいです!

--プロとしての今年から来年にかけての目標をお聞かせください。
内川:年1回はタイトル戦決勝に残る!をここ数年の目標としてやっています。

--今回のメンバーの中で特に意識する方はいらっしゃいますでしょうか?
内川:Mリーグで同じチームの堀さんです

--コロナ過でリアル麻雀がしづらい日々が続いていましたが、どのように過ごしていたのでしょうか?
内川:ネット麻雀の回数を増やし、過去の映像対局を毎日見ていました。


鈴木達也(日本プロ麻雀協会)

--過去の対局をの成績等を踏まえた今回の抱負をお聞かせください。
達也:結果がでてないので勝ちたいです

--プロとしての今年から来年にかけての目標をお聞かせください。
達也:タイトルが欲しいですかね

--今回のメンバーの中で特に意識する方はいらっしゃいますでしょうか?
達也:萩原聖人さん よく麻雀をするライバルです

--コロナ過でリアル麻雀がしづらい日々が続いていましたが、どのように過ごしていたのでしょうか?
達也:映画鑑賞か散歩をよくしていました


萩原聖人(日本プロ麻雀連盟)

--過去の対局をの成績等を踏まえた今回の抱負をお聞かせください。
萩原:前向きに頑張ります

--プロとしての今年から来年にかけての目標をお聞かせください。
萩原:特に無し

--今回のメンバーの中で特に意識する方はいらっしゃいますでしょうか?
萩原:鈴木達也。

--コロナ過でリアル麻雀がしづらい日々が続いていましたが、どのように過ごしていたのでしょうか?
萩原:どう生きるか考えてました。


堀慎吾(日本プロ麻雀協会)

--過去の対局をの成績等を踏まえた今回の抱負をお聞かせください
:自分が小さい頃からモンド杯を見ていたので、僕のその頃と同じようにモンドを見ている少年に「こんな麻雀が打てるようになりたい!」と思ってもらえるようなカッコイイ麻雀を打って勝つことです。

--プロとしての今年から来年にかけての目標をお聞かせください。
:麻雀プロで「強いのは?」という問いに真っ先に名前が挙がるような打ち手になることです。

--今回のメンバーの中で特に意識する方はいらっしゃいますでしょうか?
:滝沢さんです。イケメンだからです。

--コロナ過でリアル麻雀がしづらい日々が続いていましたが、どのように過ごしていたのでしょうか?
:ネット麻雀をやっていました。やりすぎて嫁に怒られました。


森下剛任(日本プロ麻雀連盟)

--過去の対局をの成績等を踏まえた今回の抱負をお聞かせください
森下:初出場になります。緊張するとは思いますが、しっかり戦って勝ち切りたいと思います。

--プロとしての今年から来年にかけての目標をお聞かせください。
森下:去年王位戦を優勝したことでチャンスを頂いたのでこのチャンスをものにしたいです。将来的には、鳳凰位獲得を目指しています。

--今回のメンバーの中で特に意識する方はいらっしゃいますでしょうか?
森下:対局経験がない石橋プロと鈴木達也プロです。

--コロナ過でリアル麻雀がしづらい日々が続いていましたが、どのように過ごしていたのでしょうか?
森下:3年ぶりにゴルフを再開しました。また部屋の掃除や、猫とこれまで以上に遊んだりしました。



第5回モンドチャレンジマッチからは堀慎吾、森下剛任が初のモンド杯に駒を進めた、実力伯仲の華やかかつ熾烈な対局が繰り広げられます!

関連URL

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top