麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
南3局親番で4着目からの逆転劇!菅原千瑛が2度目のファイナル進出!/麻雀最強戦2022 女流チャンピオン決戦

南3局親番で4着目からの逆転劇!菅原千瑛が2度目のファイナル進出!/麻雀最強戦2022 女流チャンピオン決戦

BULL2021求人ニルウッドカバー

5月1日(日)竹書房が主催する麻雀日本一決定戦「麻雀最強戦2022」のファイナル進出枠1つを争う対局「女流チャンピオン決戦」が行われた。

今回は女流選手8名、各団体のトップに君臨する選手、有力タイトルを制した選手、去年のファイナルを沸かせた選手が集って熾烈な戦いが繰り広げられた。

配信ページ

対局者

【A卓】魚谷侑未(日本プロ麻雀連盟)  逢川恵夢(日本プロ麻雀協会) 内間祐海(最高位戦日本プロ麻雀協会)藤川まゆ(麻将連合)
【B卓】宮内こずえ(日本プロ麻雀連盟) 一瀬由梨(日本プロ麻雀連盟) 菅原千瑛(日本プロ麻雀連盟)東城りお(日本プロ麻雀連盟)

予選A卓は各団体の女流リーグチャンピオンが出そろう卓に。
予選B卓は去年の最強戦ファイナルを沸かせた宮内、一瀬と第2期桜蕾戦優勝の菅原、夕刊フジ麻雀女王の東城というメンバーが揃った。

予選A卓からは内間、逢川、B卓からは一瀬、菅原が決勝に進出。

決勝戦は東2局で一瀬が2000・4000のアガリを決めて一歩リード。

東2局 一瀬の2000・4000  ©ABEMA

東3局は内間がドラをポンして[4][7]聴牌。その後更にドラを加槓して場を支配。

しかし内間の現物待ちで平和を聴牌した菅原がアガりきって事なきを得た。

東3局 内間の聴牌 ©ABEMA
東3局 菅原の1500 ©ABEMA

その後の1本場では内間が高め3色のリーチ。ここは安め[⑧]での2600のアガリとなった。

東3局1本場 内間の2600 ©ABEMA

東4局は一瀬が内間からリーチ一発南で5200のアガリ。リードを広げて南入となった。

東4局 一瀬の5200 ©ABEMA

南1局は内間が先制リーチに出るも逢川がホンイツの13002600のアガリでトップ争いに浮上して南2局の親番を迎える。

南1局 逢川の1300・2600 ©ABEMA

南2局は菅原、内間、逢川の熾烈な3軒リーチに。ここは内間が逢川から3900のアガリを決めた。

南2局 内間の3900 ©ABEMA

南3局、4着目で親番を迎えた菅原が4000オールのアガリでトップ目一瀬と同点に。

南3局 菅原の4000オール ©ABEMA

更に次局でトイトイの7700のアガリでリードを得た。

南3局1本場 菅原の7700 ©ABEMA

2本場は内間のリーチが一人聴牌で流局してオーラスを迎えた。

オーラス親番の内間は聴牌を入れることができずに流局決着。菅原がファイナルへの切符を勝ち取った。

「追いかける立場の時はアガリにいくだけでよかったのですが、トップ目に立ってからが苦しくて、なんとか放銃せずに耐えきることができました。4000オールの局はいいアガリができたなと思います。2度目のファイナルとなりますが、最強位になって【おはようございます、最強位様】と私も言われたいので引き続き頑張っていきたいと思います。」とファイナルへの抱負を語った。

5月29日 ミスター麻雀カップ出場選手 ©ABEMA

次回は5月29日(日)竹書房設立50周年を記念した「ミスター麻雀カップ」が開催される。小島武夫先生が生前体現された魅せる麻雀の意思を受け継いだ戦いが見られるか。

関連URL

麻雀最強戦HP

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top