麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
雀荘が知っておくべき労働問題 第27回「働き方改革って・・・!?(2)」

雀荘が知っておくべき労働問題 第27回「働き方改革って・・・!?(2)」

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

 今回も「働き方改革」について触れていきます。

  少しだけおさらいしますと、働き方改革といっても、様々な取組案がありますが、代表的な例を挙げると、

    ・在宅・テレワークの推進
    ・パートなどの非正規社員の処遇改善
    ・賃金引上げ
    ・生産性の向上
    ・残業削減

などいろいろとあります。前回は「残業削減」への取組になるきっかけについて取り上げましたが、今回は他にも注目を集めている「副業や兼業の推進」について触れたいと思います。

  「副業や兼業の推進」の方向性としては、以下のように示されています。

 労働者及び企業のそれぞれのメリットや留意点を踏まえると、自身の能力を一企業にとらわれずに 幅広く発揮したいという希望を持つ労働者が、副業・兼業を行える環境を整備することが重要であり、 長時間労働を招かないよう留意しつつ、以下の対応が必要である。
  ① 厚生労働省で示しているモデル就業規則の規定を、労務提供や会社の信用・評価に支障が 生じる場合
    等以外は副業・兼業を認める方向で改めること
  ② 労働者と企業それぞれの留意点とその対応方法を示すこと
  ③ 労働者が副業・兼業を実現している好事例を共有していくこと

 

 今までの流れとしては、「副業・兼業は禁止!」というところが多いと思いますので、これを見て驚く方も多いのではないかと想像します。少子高齢化とともに、働き手が不足していくことが明白な中で、政府は副業・兼業を推進していきたい考えです。就業規則のモデルも新たに改定しようとしていることからも本気度が伝わってきます。

 しかし、各企業の現場からみれば、いずれも、管理が難しい制度で簡単に導入できるものではありません。

 実際に厚労省で行われている検討会においても、有識者委員からさまざまな問題点が指摘されたようで、理想と現実とのギャップをどう埋めていくかが、今後の課題と言えそうですが、副業や兼業を推進する流れは変わらないと思いますので、念頭に置きながら事前に対策を検討しておくことが重要になってきます。

本記事に関するご紹介

渡辺英行社会保険労務士事務所

住所:神奈川県相模原市南区相模大野7-35-1-1-2206

TEL&FAX:042-812-3741
移動オフィス:090-8892-8185
HP:http://hideyuki-watanabe-srs.com/

いつでもお気軽にご相談ください。相談料は無料です。

この記事のライター

渡辺 英行
渡辺英行社会保険労務士事務所代表。
都内の大手社会保険労務士事務所で経験を積み、2014年に個人事務所を設立。

「”人の悩み”を少しでも解決したい!そんな思いで日々奮闘しています。お気軽にご相談ください!」

新着記事

Return Top