麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第49回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第49回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第二節二回戦B卓

▼対局者
私: トトリ先生19歳
Ⓟ木原浩一
Cさん: 就活生@川村軍団
Ⓟ中嶋隼也

牌譜はこちら

49-1-min

 待ちでテンパイしているところにをツモって空切り。西家に鳴かれたと合わせてと何かのシャボや単騎待ちを警戒させて他家が切れない牌を増やす作戦です。

49-2-min

 これを受けて東家がツモってきたを止めて打。もしツモ切りならが止まることはなく、その後のツモからして東家のアガリになっていた可能性が高そうです。

49-3-min

 狙い通りの展開になったと思いきや結果的には西家に3900放銃と東家にアガられるより悪い展開に。可能なら他家にとって対応が難しくなる打牌を選んだ方がよいとは思いますが、2人ではなく4人で打つ麻雀においては裏目に出ることもよくあります。

49-4-min

 西家リーチに安牌が無くなりで放銃。は両無スジに相当する牌ですが、は雀頭)の形からペンチャンを残して打とされることは比較的少ない。は3枚見えなので待ちも比較的少ないとみての切りでしょうか。実際には9単騎の仮テンからのツモ待ちテンパイでした。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top