麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第57回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第57回

CABO求人MEWS
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第二節三回戦C卓

▼対局者
Ⓟ中嶋隼也
Bさん: タケオしゃん
多井隆晴
Dさん: 福地誠

牌譜はこちら

 57-1-min

 『現代麻雀最新セオリー』では中盤過ぎでもスルーが推奨されている牌姿。トップ目の西家が役牌を鳴いたので速度を合わせる意味合いもあったのかもしれませんが、この河なら西家は早いかも高いかも分かりません。原則通りスルーがよかったとみます。

57-2-min

 是非ともアガリたいクイタンドラ3テンパイ。一見1枚見えで、と切って両スジになることからカン待ちを選びそうです。

 しかし南家はより先に切っているので、を持っている可能性が若干上がります。を持っている形からを切ったとするなら、をトイツ以上で固めている可能性も少なからずあります。もちろんが持たれていると断定することは出来ませんが、の山に残っている枚数が同程度とするなら、南家がツモったら確実に切られるであろう待ちの方がアガリやすいことになります。特にアガリたい手ならなおのこと、見た目枚数で選ぶのが本当に最善と言えるのかどうか集中して考えたいものです。

57-3-min

 ペンチャンよりはタンヤオ、ドラ引きがある浮き牌残しで打

57-4-min

 テンパイを逃しても手広いくっつき1シャンテン。打としていますが、フリテンの可能性や打点差、東家にが当たる可能性を考慮すると打の方が良いようにも見えますが難しいところです。

57-5-min

 東家に通っているを切ってリーチ。当然と言えば当然ですが、実戦では同様の選択を何度となく行うことになるので、今回のように結果的に高打点放銃を回避できていることも長く打っていればよくあることです。東家から一発で出て裏ドラの満貫。東家は南家の手牌的にも待ち選択は正しかったのですが痛い結果となりました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top