麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第58回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第58回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第二節三回戦C卓

▼対局者
Ⓟ中嶋隼也
Bさん: タケオしゃん
多井隆晴
Dさん: 福地誠

牌譜はこちら

 58-1-min

 ツモならチャンタ三色ドラ1の1シャンテンとダマでも高打点が狙えるということもあって6ブロックに受けますが、残り1枚とはいえツモならチャンタ三色。ツモでも三色にはなりリーチツモで満貫。これならを先に引いた場合も落としに分があるとみて5ブロック受けでしょうか。6ブロックにするにしても安手になるポンよりはツモをみて打としそうです。

58-2-min

 テンパイしやすいのは3メンツ2ターツに受ける打ですが打でも十分手広い。タンヤオの1翻を優先して打とします。

58-3-min

 3メンツ1ターツに受ける打より、3メンツ1雀頭(雀頭は)のくっつきに受ける打の方がテンパイしやすいのですが、ツモはフリテン、は残っていますがは4枚見え。ツモは2枚切れカンチャンと優秀なテンパイ受けが増えるわけではありません。西家の河からならどちらかといえば後者の方が山に残っていそうなので打とします。

58-4-min

 は残り5枚、は残り4枚と1枚しか差がなく、を残した場合はツモでもテンパイします。(加えて言えば、南家がを切った時点で鳴き手役がある西家がラグをかけているはずなので、実は西家がもう1枚を持っていることが分かる)。南家西家がを持っている可能性は低そうなので山にもそれなりに残っていそうです。が東家に当たる可能性も考慮すれば打に分があるのではないでしょうか。3メンチャンの形を切ってカンチャン残りになるうえ、一度自分が切ったとなると無意識のうちにツモ切りそうです。形にとらわれない局面に応じた打牌比較の必要性を痛感させられます。

58-5-min

 絶好のツモでしたがで東家の5800に放銃。うまく選択したからこそ悪い結果を被ってしまうことも多々あります。改めて言う程でもないですが、麻雀は過酷なゲームですね。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top