麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第59回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第59回
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討
2018年01月11日 20:00
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第二節四回戦A卓

▼対局者
Ⓟ石橋伸洋
Bさん: トトリ先生19歳
Cさん: 就活生@川村軍団
Dさん: コーラ下さい

牌譜はこちら

 59-1-min

 悪形残り2シャンテンとなると親とはいえ流石にカンは他家にカンドラを乗せるリスクが大きそうです。しかし符ハネとカンドラで1翻アップ以上の効果が見込めるのでメンツができて1シャンテンになればカンするところ。打としてもドラが使えるのはをツモった場合のみなので、確かにこの手牌ならドラ切りでカン材を残す方がよさそうです。

59-2-min

 リーチが入ったので1シャンテンになったとはいえアンカンで押すのは厳しいとみて落とし。

59-3-min

 更に無スジを引いたので連打で降りますが、マンズが通るようになったのでチーでアガリ、テンパイの可能性残し。降り本線としてもベタオリとは決めつけない粘り強い選択です。

59-4-min

 ちょっと変わった一打ですががポンしやすくツモでも受け入れが増えるのでアガリ率が落ちにくい。マンズのくっつきが弱く待ちがアガリやすいのでホンイツには決めないが、ツモならホンイツ役役の満貫をみる一打です。

59-5-min

 巡目が深くなったのもあり受けは残して打

59-6-min

 リーチが入って一旦引きますが…

59-7-min

 通りやすいメンツ候補が残っていると回し打ちからテンパイできることも増えます。

59-8-min

 現物待ちのリャンメンテンパイでしたが結構待ちが絞れたこともあってかを止めてテンパイ崩し。リャンメンテンパイなら安手でも押せることが多いですが、終盤にテンパイを崩す場合は止めた牌にくっついてテンパイ料が取れる可能性もある程度残ります。そのことを踏まえると、リャンメンテンパイは押すと決めつけずに、ツモってきた牌に応じて立ち回りを考えた方がよいことも実戦では多いと思います。

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 独歩
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 研タロウ
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)