麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第65回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第65回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第二節四回戦C卓

▼対局者
私:福地誠
多井隆晴
Cさん:タケオしゃん
Ⓟ中嶋隼也

牌譜はこちら

65_1-min

 先にを引いた場合もこの巡目なら1000点リャンメンテンパイより、狭くても5200〜8000までみえる1シャンテンの方が勝るのでリャンメン落としでホンイツ狙い。

65_2-min

 リャンメンを外してマンズ染め狙いの南家が手出しで。まだノーテンの可能性もありますがこの手ならは止めるところ。ドラも切りづらいのでペンチャン戻し。浮き牌にくっつけばまだアガリの可能性はあります。

65_3-min

 を鳴いて役アリテンパイに取れるようにポン。

65_4-min

 苦しい形ですがにくっつくなり通るなりしてのテンパイを目指すチー。マンズを切らなければ南家に放銃することはないのですから、手牌を短くすることもほとんどリスクになりません。

65_5-min

 南家が手出しでいよいよホンイツテンパイ濃厚。これを北家がポンしてテンパイ。アガリやすいとは言えない待ちですが、振り込むリスクを負わずに済むなら、少しでも他家のアガリを阻止できる可能性を追求します。

65_6-min

  が通ったので西家もポンテン。

65_7-min

 そして東家も単騎でテンパイ。相手の待ちが絞れるなら後手を引いてもアガリ、テンパイを目指して粘れることが増えます。実力者の多くはこういった粘りの技術に長けているものです。

65_8-min

  全員が全員マンズを止めてテンパイする中、南家がをツモって満貫和了。見所の多い局でした。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top