麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第64回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第64回

CABO求人MEWS
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第二節四回戦C卓

▼対局者
私:福地誠
多井隆晴
Cさん:タケオしゃん
Ⓟ中嶋隼也

牌譜はこちら

 64_1-min

 をポンすると雀頭が無くなりますが、鳴いた方がアガリやすくメンゼンで進めても安手止まりになるので鳴いてもよさそうではあります。ただしメンゼンで進めた場合はアンコだけでなく重なり、ピンズのイーペーコーやドラツモなど、リーチに+1翻つけられることもそれなりにあります。リーチ+1翻ならツモ裏1の満貫まであるので役牌のみに比べ打点に結構開きがあるので、この程度ならスルーというところでしょうか。

 同巡に切られた2枚目のもスルー。最後のをスルーするとで1翻つくケースが無くなるため手牌の価値が結構下がりますが、それよりは同巡に鳴いて他家から安手で形があまり整っていない(そうでなければ1枚目から鳴かれるはずなので)と読まれることを嫌ってのスルーでしょうか。

64_2-min

 イーペーコーが完成してリーチ+1翻のテンパイになりました。が残っているならツモに加えてツモも手変わりになるのでダマが有力そうですがこれなら打リーチとしそうです。

 しかし北家が配牌から全て手出し。と切っているのでより上のマンズは持っていないことが多く、逆により下のマンズは持たれていることが多い。ドラのカンチャンまで外しているとなると良形1シャンテン以上になっていることが多いので、引っ掛けにしてもそれほど出やすいとは言えないうえに使われていそうなカンでリーチするよりは、北家が追いついた時に備えてリャンメンへの手変わりを待った方がよいとみてのダマでしょうか。

64_3-min

 実戦では北家のリーチが入り、を引いた次巡にこれ以上手変わりを待つよりは加点を優先してツモ切りリーチ。結果的にはカン即リーチなら北家からアガれていましたが、確かには北家に持たれていて、より上のマンズは持たれていませんでした。判断の是非を問うのは難しいですが、悪形テンパイならアガリ牌のうち1枚だけでも在処が読めるのであればリーチ判断が変わるケースも結構ありそうなので、即リーチ以外の選択肢も頭に入れておきたいと感じさせられました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top