麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第74回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第74回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第三節二回戦A卓

▼対局者
私:福地誠
石橋伸洋
Cさん:独歩
Ⓟ中嶋隼也

牌譜はこちら

 74_1-min

 チートイツ2シャンテンでもありますが、先にメンツが完成した場合はが残っていることでタンヤオ、567三色変化が残りチートイツより高打点が狙える場合もあります。安牌になりやすいトイツより先にトイツ落とし。

74_2-min

  が先に埋まった時こそタンヤオがつくとはいえカン残りになるのでを残していた方が有利ですが、他のメンツが出来た場合はを残してタンピン変化が残る方がよいのでここでも先に落とし。

74_3-min

 1シャンテンになったところで東家からリーチ。通っているスジがかなり少なく現物のみとなれば親リーチとはいえまだ押すところ。

74_4-min

 役牌南のアンカンが入ったのでドラ1つくだけで親満。こうなると何としてでも東家のアガリは阻止したいのでポンテンの勝負も考えられますがここはスルー。「スルーして最後まで押す」つもりなら流石にポンテンに取った方がよいとみますが、メンゼンで高打点の手をアガれる可能性を残しつつ、危険牌を止めた方がよいと判断すればトイツ落としから回ったうえにアガれる可能性も無くはないというところでしょうか。

74_5-min

 生牌のドラといういかにも危険な牌をツモりましたがこれをツモ切り。まだ残っているスジが多いというのもありますが、もし東家が待ちであれば、ダマでも最低40符3翻はあり、リーチしたら特に出にくい一方、ダマなら手牌で浮いている他家からの出アガリもそれなりに期待できる手でリーチしたことになります。天鳳名人戦というフィールドであれば、役確定のドラ字牌待ちならダマにしてくるだろうという読みもあったかのかもしれません。

74_6-min

 その後もポンテンが取れる牌が出ましたがスルー。をツモって一旦打としますが、更に無スジを引く前にをツモって追っかけ。結果は流局となりましたが、着順争いをしている他家からリーチが入ってテンパイに取れる牌が出たとしても、テンパイを取る側にも危険牌を切るリスクがあり、スルーして危険牌を引いても単純にベタ降りになるとは限らないのであれば、立ち回り次第ではスルーの方がより有利な結果を残しやすいのかもしれません。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top