麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第94回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第94回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第四節一回戦A卓

▼対局者
Ⓟ木原浩一
Bさん:タケオしゃん
Ⓟ中島隼也
小林剛

牌譜はこちら

94_1-min ツモの変化をみて打ツモでもテンパイするので受け入れのロスがありません。ドラを切って手変わりを狙う珍しい牌姿です。

94_2-min ドラを残していればとなるツモですが、これでもノーテンよりはずっとよい手。既に赤2枚あるならくっつきの打点アップの価値も低いので即リーチ。もし手牌に赤がない場合は前巡の時点でシャンテン戻しの打が有力そうです。

94_3-min 西家から7700和了。西家視点では4枚見えでノーチャンス、通りそうな牌ではありますが、ここから何を引いても東家リーチ相手にテンパイを目指せる手にならないので現物のと切ってベタオリでしょうか。

94_4-min ツモでもメンツが完成してくっつき1シャンテンになるので二度受けを外すシャンテン戻し。

94_5-min うまくメンタンピン赤のテンパイが入りますが結果は放銃。

94_6-min またしても二度受けを外してシャンテン戻し。

94_7-min 再びメンタンピン赤でテンパイしますがまたしても放銃。

94_8-min が3枚見えて大三元の可能性がなくなり、この点数状況ではメンホンで倍満手になったところで着順を上げることは難しい。完全順位制なら僅かでもラス回避の目を追いますが、素点を考慮して仕方なく切りとしそうです。

新着記事

Return Top