麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第98回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第98回

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第四節一回戦C卓

▼対局者
私:コーラ下さい
Bさん:就活生@川村軍団
石橋伸洋
Dさん:独歩

牌譜はこちら

98_1-min 1メンツも無いところで1巡目からいきなりをチー。安くて遠い仕掛けではありますが、第一打からを切ってくる上家からなら中張牌が鳴きやすいことも意識したうえでのチーでしょうか。

98_2-min を切っていますが先にマンズをチーした場合もフリテンにならないのでカンチャン落とし。ツモでも456三色の片アガリテンパイになります。

98_3-min 先にをツモってフリテンになりますが、フリテンを解消できるをツモってからツモアガリ。上家の満貫手を阻止することができました。

98_4-min トイツとドラが2枚あるのでホンイツを狙う打点的メリットは薄いですが、ホンイツでも十分アガれそうなので迷うところ。北家がをポンしてマンズ一色傾向なのではメンツになりにくそうというのもあってか切り。

98_5-min 染めなくても更にドラを引けば満貫でしたが、ドラが出ていく方をツモ。局面的にも2900のテンパイ取りでやむなしというところでしょうか。

98_6-min ドラツモがあるので一見打としそうですが…

98_7-min で鳴いて打。前巡打としていれば食い替えになるのでこのを鳴くことができませんでした。も残り1枚で、河から北家はをツモればツモ切ると予想できるので、どちらを選んでも打点が上がる確率は同じ。それならのようにメンツをスライドさせやすい手牌を残していた方が、西家に-待ちテンパイが入った場合にツモで打、南家に-待ちテンパイが入った場合にツモで打として放銃を回避できる分だけ有利と言えます。数巡後をツモって2000オール。「が残り1枚」「上家がを引けばツモ切る」ということを踏まえたうえでなければ選べない一打でした。

98_8-min 全員僅差で迎えたオーラス。上家-待ちも単騎もアガリ牌の枚数は大差なく、は全員に危険牌のうえ放銃でラスということで単騎。結果的に対面の当たり牌を止めたうえでラス牌のをツモって大きな2着となりましたが、先程の2000オールが1000オール止まりならトップになっていました。何気ない一打で着順が変わってしまうのが麻雀の面白さでもあり、恐ろしさでもあります。

この記事のライター

ネマタ
現役の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。1984年佐賀県生まれ。東京大学文学部中退。

サイト:現代麻雀技術論
著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top