麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第99回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第99回

CABO求人MEWS
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第四節二回戦A卓

▼対局者
Ⓟ中嶋隼也
Ⓟ木原浩一
Cさん:タケオしゃん
小林剛

牌譜はこちら

99_1-min 雀頭を崩しても他で雀頭を作りやすい形で、タンピンや456三色も狙えるという意図でしょうか。メンツが完成した場合もトイツが残っている方がよいとみてシャンテンを維持する打としそうです。

99_2-min アガリにくいカンが残り、ツモやツモの変化もあるとはいえ即リーチしてそうです。

99_3-min が切られたこともあってか次巡リーチ。ツモ切りリーチより手出しの方が悪形待ちと読まれにくく、をアンカンすることもできる分有利です。

99_4-min 即テンパイすれば東家の当たり牌のが出ていくところでしたがここでツモ。東家が即リーチなら前巡のも止まって降りる展開になっていたかもしれません。

99_5-min 追っかけが入り一転して東家がピンチかと思いきやラス牌のをツモ、裏も乗って3900オールとなりました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top