麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第205回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第205回

CABO求人ニルウッドカバー
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第八節二回戦A卓

▼対局者
私:トトリ先生19歳
Ⓟ木原浩一
Cさん:シンプルなワキガ
Dさん:独歩

牌譜はこちら

 4枚見えかつ東家がマンズ一色手傾向。タンヤオはメンツ候補不足のうえ片アガリが残る可能性もありますが、リャンメンでもここは急所に近いとみて仕掛けたいところです。

 下家の親が3フーロして打。これをポンしてシャンテン変わらずですがくっつき1シャンテンにして手広くします。親はほぼテンパイですが、マンズと字牌以外は通ると分かるのですから手牌を短くして守備力を下げるリスクを恐れることはありません。

 更に言えばマンズがかなり場に見えているので待ちも絞れます。より上のマンズはほぼ場に見えているので、東家の手牌に残っているとは考えにくい。最終手出しのがフォロー牌とすると、がポンされてないことからが4枚見え、雀頭候補がしか残っていないことから、待ちよりは役牌シャンポンに受けると考えられるので、と役牌のシャンポンが本線です。

 がターツの一部ならをポンする前はのようなペンテンパイですが、この場況でわざわざアガリ牌の枚数が減る単騎にするとは考えにくい。が浮き牌ならから打ですがこれも打とすることが多いでしょう。いずれにせよ以外で当たることは考えにくいとみて勝負できそうです。

 うまく捌いて1000−2000のアガリ。案の定東家はのシャンポンでした。

 がポンされたので打も一見あまり使わなさそうですが、雀頭が無いうえにをアンコで持っているので、ツモで変則多メンチャンの形が残る1シャンテンになります。

 西家が切りリーチ。を残していたので赤またぎのは無いと見て切ってきた北家からチーして高め5800の1シャンテンに取れます。

 北家からもリーチが入りますがこうなればチーテンで勝負。

 北家から5800和了。ここでも手牌をうまく捌き切ってトップに立ちました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top