麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第4回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第4回

CABO求人MEWS
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節二回戦A卓

▼対局者
Ⓟ谷口浩平
タケオしゃん
Ⓟ川崎たかし
おじさん

牌譜はこちら

このをポンして後付けの1シャンテンに取りますが、スルーしてツモならチャンタイーペーコー1シャンテン。にくっつけば一通目、にくっつけばチャンタやドラ含みで満貫以上になる変化もあります。「悪形をメンツにして手が進むなら、役があれば安手になっても鳴き」が一つのセオリーですが、浮き牌やターツに強い変化がある場合にどこまで適用してよいかを判断するのは難しいです。

 こちらもをポンすれば悪形をメンツにしたうえでリャンメン待ちが残りますが、トイツが良形変化する場合もあり、特にドラをツモるようなら三色やイーペーコー、跳満以上も見える1シャンテンになります。スルーするとが残り2枚になるとはいえ、打点が大差となるとまだスルーでしょうか。手変わりの価値が高い悪形メンツ候補をどう評価するかも難しいところです。

 のみ手なうえに見えていない役牌がのみの後付けですが、少なくともスルーするよりはよいとみてテンパイに取ります。

 北家がを引っ張っている以上、チャンタは考えにくく残りの役牌はのみ。アンコのケースもありますが牌の組み合わせからもは相当高確率で当たると言えます。結果的にはのみ手でしたが、安手で他家に読まれやすい仕掛けを入れないタイプの打ち手も多いので、雀頭がで満貫に届く可能性も単純な牌の組み合わせよりは高そうです。

 を切らない以上、テンパイを目指すならツモで単騎テンパイに取れるように打ですが、ドラのカンチャンを外した後ツモ切りが続いている東家のダマテンケアというところでしょうか。は東家に現物ですが、北家にアンコの待ちは有り得ます。テンパイ料のためにどの程度リスクを負うのかも難しいところです。

 結果的には北家の一人テンパイ。アガるよりも高い収入になりました。ポンからの仕掛けも、他家からは高打点の可能性を否定できないが故の牽制込みの判断だったのかもしれません。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top