麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第5回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第5回

CABO求人MEWS
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節二回戦B卓

▼対局者
石橋伸洋
多井隆晴
ASAPIN
小林剛

牌譜はこちら

 序盤から安牌を確保しつつ手を進めるのが小林流。しかし今回はターツ不足で、ツモでも残しが生きるタンピン手。この手なら発を重ねるメリットも薄くほぼ不要牌になるので、先切りも兼ねて打としそうです。

 ツモがロスになりますがリャンメントイツができるフォローがあり、タンヤオは遠いですがにくっついてからにくっつけばタンヤオだけでなく345三色もあります。先にツモでも受け入れで劣らないので、ここは変化を優先する雀頭固定が有力そうです。

 そのをポンして打チーでも手が進みますが、ドラでトイトイ変化を残しやすいということで2枚切れの打としそうです。ただし先手を取られた時を考慮すると北家西家の安牌としてを残す方が打ち回ししやすいかもしれません。

 からもポン。をポンした場合にリャンメンのみ手より、アガリ率はかなり落ちるとはいえ満貫〜跳満の単騎の方が優れています。1枚切れにつき打

 チートイツ1シャンテンでもあるので1枚切れの切りとみましたが、生牌と1人は確実に使っていない1枚切れとの比較なら山に残っていると期待される枚数も大差なく、から切った方がトイトイになった時にが出やすいということもあってか打

 東家がトイトイだとしてもから打とするのは手順的に不自然。3枚切れにつき打とします。結果的には次巡ツモでテンパイ逃し。

 チートイツ1シャンテン。よりが後から切られているので、どちらかと言えばの方が他家に使われている可能性が高いとみて打でしょうか。

 結果的には次巡ツモでテンパイを逃し、2枚切れになったので後からを切ったところチーテンを入れた西家に1000点の放銃。4者のうち3者にトイツ系の手が入る展開でしたが、場況も考慮に入れたトイツ系の手の打ち回しの難しさを知らされる一局でした。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top