麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第3回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第3回

CABO求人MEWS
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節一回戦C卓

▼対局者
Ⓢ福地誠
Ⓟ木原浩一
就活生@川村軍団
独歩

牌譜はこちら

オーラス3着になるためには満貫ツモ条件。が出てもポンしないからと考えたためかを落としていますが、平和ツモで1300−2600になっても届きません。一方がアンコになってツモれば満貫に届くのでを落とします。雀頭のリャンメンリーチになっても、ツモるか西家直撃で裏ドラが乗れば条件を満たします。

 上位が遠い3着目ですが、を残せばツモで一通目がつき、リーチツモ平和一通ドラの跳満なら2着になれます。南家に放銃しなければ満貫以上をツモられなければ逆転されず、リーチすると南家の逆転条件が緩和されるとなると役無し悪形でリーチしてまでアガリにいく必要性も薄い。それならをツモった場合も2着浮上の目が残るくっつき1シャンテンの方が勝るとみて2シャンテンに戻します。

 アガリにくいドラ待ちで着順の変わらないリーチを打つのはリターンに比べてリスクが大きく、ダマにするよりは打でテンパイを外した方がアガリやすそうですが取りダマ。

 でチーして打とすれば役アリテンパイに取れますがスルー。このままをツモればアガれることもあり跳満ツモの可能性を残すようです。ツモでもリーチしてツモ裏やツモで跳満に届きます。

 同様にもスルー。南家の安牌を残すという意図もあります。

 をツモって3着のまま終了。優勝が目的の天鳳名人戦ということで打のフリテンリーチも考慮されていたそうですが、大会形式とはいえまだ最初の一戦目。順位点(50−20−0−▲70)ベースの判断を大きく変える必要はないとみます。傍目には特に動きのないオーラスでしたが、勝利を求める打ち手の心の動きを垣間見せられる一局でした。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top