麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第74回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第74回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節四回戦B卓

▼対局者
小林剛
Ⓢ福地誠
石橋伸洋
ASAPIN

牌譜はこちら

 次節(11月30日)まで期間が空くので、これまでの対局の中で気になった局面を取り上げていくことにします。

 1枚切れ。6ブロックなのでカンチャンをスルーしてもそれほどアガリにくくならない、ソーズホンイツへの変化が消えるといった理由でスルーもありそうです。先手が取りづらくメンゼンでも安手どまりであることが多いので、自分より手が早そうで打点も見込める他家にドラ東を切らせづらくする意図もあってのカンチーでしょうか。

 トイツができるツモで受け入れが増えるのでを残し、打点面で最も弱いターツを外して5ブロックに受ける落とし。しかしは既に残り4枚とアガリやすさの面では弱いターツ。678三色受けが残る1シャンテンになるならよりのターツが残っていた方が有利とみます。メンツの出来方で次に切るターツが変わるので、ここは6ブロック維持の打としそうです。

 を切っているのに打リーチなので、宣言牌の筋のはリャンメンに当たらないとはいえいかにも切りづらいところ。しかしの1つ前の手出しなので、から打のケースもそれなりに考えられます。のケースならカン待ちが残った時に宣言牌が3mである方がアガリやすいとみて打とするケースもある。放銃時に平和がつかないことも踏まえるとどちらかと言えば打に分がありそうに見えます。

 しかし、ここで最も放銃しにくい牌はでもでもなく実は。東家が鳴いたは北家が2巡目に切ったものなので、待ちが残っている可能性はより低いです。タンピン三色残りとはいえ手が進む牌がかなり切られた2シャンテン、リーチ一発目となれば放銃回避に徹する打がよかったように思います。

 「序盤に切られたが東家に鳴かれている」「が内寄りの牌」「タンピン三色の形が出来ているので手牌の形を崩しにくい」「の2択が先に思い浮かぶので第3の選択に気付きにくい」。を選びにくい要因が何重にも重なっていましたが、こういう局面でも先入観にとらわれずベストな選択が出来るようになりたいものです。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top